★白き神(しろきかみ/★Divine Interference)
上位召喚獣バトルフィールドの一つ。2019年8月6日のバージョンアップ実装された。

戦闘エリアレイヤーエリアウォークオブエコーズ〔P〕」。

突入条件

Lv制限無し制限人数6人・制限時間30分。

ファントムクォーツ【天光】を所持した状態でセルビナ(H-7)のVeridical Conflux調べることで突入可能。

ファントムクォーツの交換にはクエストアトルガンの守護者」のクリアが必要。BFの名前こそ「★白き神」だが、クエスト白き神」をクリアする必要はない。

プレイヤーにあわせて「とてもやさしい」から「とてもむずかしい」まで5段階の難易度を選択して突入できる。

なお、BF内に退出ポイントはなく、時間切れかテンポラリアイテム幽門石の欠片」を使用することで脱出できる。

攻略

内部にはAlexanderが1体いる。これを倒すとクリア。勝利すると占有時間が残り6分になる。

魔法は一切使用してこない。また後方からの攻撃は効かない。
最初は背後のみ攻撃が通らない状態だが、HPが減るごとに横や斜め前からの攻撃も効かなくなり、最終的に正面からの攻撃のみが通る状態になる。

★暁よりの使者、再びケット・シーと同様、契約の履行を受けるとしばらくの間契約の履行に対するダメージカットを有する。

名称対象効果備考
メガホーリー対象中心範囲光属性ダメージMPダメージ
拝火の秘蹟対象中心範囲ダメージ静寂防御力ダウン魔法防御力ダウン聖なる炎拝火の秘蹟で光連携が発生する。
聖なる炎前方直線範囲ダメージ石化攻撃力ダウン魔法攻撃力ダウン
懺悔の間対象中心範囲スタン命中率ダウン魔法命中率ダウン連携を受けた際の反撃として使用
広範囲、スタンは即座に切れる
万霊の福音自身HP回復弱体効果全消去(+ストンスキン下記の聖なる審判とのセットのほか、弱体効果を一定数以上受けると即座に使用する
弱体効果への対応時は非常に強力なストンスキンが付与される
弱体の数はとてやさ6、やさ3、ふつう以上1
絶対防御自身30秒間あらゆる攻撃を無効化する連携を一定数受けるごとに使用
閾値は高難度になるほど少なく、とてむずだと連携を5回受けるごとに使用する
聖なる審判対象中心範囲光属性ダメージMP0+強化全消去難易度ふつう以上で使用
HPが一定値以下になるごとに確定で使用する

上記以外に万霊の福音とのセットで使用するパターンもある
このパターンは使われるまでに一度に閾値以上のダメージを与えることで使用しなくなる
閾値はふつう10,000、むず15,000、とてむず20,000

万霊の福音を使われ続けると永遠に倒せなくなるため、弱体に頼らない編成を強いられる。
弱体魔法WS追加効果はもとより、サンバまどわすアンゴンなど良く使うジョブアビリティでも弱体効果を付与するものがあるので要注意。
なお、白魔法フラッシュは光耐性が高いせいかレジストされて弱体効果が発揮されないため、盾役フラッシュを使うことは問題が無い。

状態異常MPダメージでこちらの行動を阻害してくるタイプの敵となっている
先に実装された上位召喚獣バトルフィールドオーディンケット・シーと比べると一撃でこちらを壊滅させるような攻撃が無く、攻撃も苛烈さが無いため、こちらが壊滅する危険性は少ない。

反面、固めの上に弱体に頼ることが出来ず、高難易度では聖なる審判強化を消してくるため短期決戦で倒すことが厳しく、必然的に長期戦を強いられることになる。
また高難易度ほど連携を狙うと絶対防御で何もできない時間が増えるので、連携が発生しないWSの組み合わせで攻めたほうが効率的にHPを削れるようになっている。

長期戦を前提にすれば、難易度ふつう位までであれば呼び出すフェイス次第でソロでの突破も現実的となっている。

戦利品


関連項目

上位召喚獣バトルフィールド】【白き神】【アトルガンの守護者
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。