(しめ)
FF11では主に以下の意味で用いられる。

  1. 連携の最後を飾るWSや、そのWSを担当するPCをしばしば〆(締め)と呼ぶ。
    詳しくは、「〆役」の項を参照されたい。

  2. モンスターへのとどめとなる一撃のこと。
    特に何があるわけでもないのだが、「XXXはXXXを倒した。」のログが出ることもあり、パーティ戦闘でこの〆を取れると仄かに嬉しい。大乱戦のビシージNMをしとめた場合などなぜだかかなり嬉しい。
    また、ジョブ特性トレジャーハンターの効果は、この特性を持ったPCが〆を取らないと発揮されないという噂があったため、少し時間がかかってもシーフに〆を取らせることもあった。
    効果の検証が難しいため、効果の有無は疑問視されつつも相手が気楽に戦えないようなNMであったりする場合に(やや神頼み的な意味合いでも)根強く行われていた。
    のち2007年11月開催のオフラインイベントアルタナ祭りin大阪にてトレジャーハンターのロジックが一部明かされ、シーフ〆はオカルトであったと判明する。

これ以外にも、野良でのメンバー募集シャウトを締め切る時など、本来の「締め切り」の意味でも用いられることがある。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。