Cuelebre(くえれぶれ)
アビセア-タロンギに出現するウィルム族NM
2010年6月22日のバージョンアップで追加された。

Cuelebre

出現条件

アビセア-タロンギ(E-9)付近に時間ポップする。

特徴

ストンスキン(ディスペル不可)、スロウガブレクガ(終盤に使用)を詠唱する。
通常攻撃空蝉貫通土属性ダメージである。
常時飛翔しており、近接物理攻撃は全てミスとなり、近接WSは遠くて発動すらしない。
ただし、一定量削ると使用するマイティストライクの効果中のみ攻撃が届く。なお、マイティストライクは複数回使用する。

使用技、魔法共にOuryuと同様土属性に関するもの。ただしスロウスタンは有効。
またOuryuが持つ遠隔ダメージカットは有していないようで、魔法の他に遠隔攻撃も有効なダメージソースとなる。
また、一部の青魔法…具体的に例を上げるとレベル76以上の物理青魔法のほとんど*1が通常時にも届くので、こちらもダメージを稼ぐ事が可能。

通常はバイウィングをやたらまき散らしてくるが、マイティストライクを使用した後は広範囲に強化されたオーカーブラストを使用し、魔法詠唱可能距離から盾役との戦闘ログが表示される限界距離辺りまではログ無しでのダメージを受けるようになる。
スタンで止められるが、発動された場合700近くダメージを被るため必要最小限の人しか食らわないように立ち位置には注意したい。
残りHPが2~3割になるとブレクガを使い出す。

バイウィングスロウガによる強スロウブレクガ石化が非常に厄介なため、盾役に専属のヒーラーを付けておきたいところ。
地上に降りてこないため、スパイクフレイルジオティックブレスの脅威がないことは救いと言うべきか。
意外なことにガルーダが全ての攻撃に対して高い耐性を持っているので非常に長持ちする*2
それどころかウインドブレードに大きくメリポを振ってある召喚士なら、時間こそかかるがソロ討伐も可能である。*3
ペットHP風の囁きヒールオイル要塞のアートマなどのリジェネでカバーすれば張り替えすら必要ない。
MPの残量が課題になるのでアートマテンポラリアイテムなどで解決したい。

からくり士によるソロの場合、ドラムマガジンスチームジャケットを搭載したヘーゼルサジタリウスが真価を発揮する。
風マニューバメインに入れ続け、ダメージカットおよび負荷軽減のために時折水マニューバを混ぜ入れるだけである。
被ダメが大きいようなら時間はかかるが水マニューバを多めに入れると安定する。
回復魔法防御力強化具合にもよるが、せいぜいリジェネアートマ1つにリペアー1~2回(黒衣チェンジを5段階強化してあればリペアー不要)で事足りる。

時間はかなりかかるがスチームジャケットを搭載したフリントカプリコンリジェネアートマリフレシュアートマをつけ水マニューバ闇マニューバをしているだけでも勝てる。

黒魔道士赤魔道士学者といった精霊魔法の使い手も、HPMP回復手段を確保する事によりマラソンなどの特別な戦術を用いずとも削りきる事が出来る。

戦利品

地爪のアートマオーリックダガータントラネックレスクエレブレの角、他素材

クエレブレの角は複数ドロップすることがある。

また、天運の緑色ジェイド(金色の宝箱に対する運が上昇)を手に入れる可能性がある。

出典

クエレブレはスペイン北部に伝わる伝説上の竜ないし蛇*4。元はスペイン語のculebra(蛇)に由来する。

堅い鱗を持ち、羽で空を飛び、毒を吐く。森や地下洞窟や源泉に住むが、成長すると海の彼方に移り住み、財宝を守るとされる。

関連項目

ウィルム族】【アビセア
Copyright (C) 2002-2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
ゴブリンラッシュベンシクタイフーン四連突デルタスラスト等。
*2
通常攻撃は一桁、TP技は二桁、魔法はほぼレジといった具合
*3
装備にもよるが、30分~45分程見ておけば良い。
*4
→クエレブレ(Wikipedia)
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。