ドラムマガジン(どらむまがじん/Drum Magazine)
アタッチメントの一つ。12個スタック可。
風の属性を秘めたオートマトンアタッチメント
すばやく遠隔攻撃を行う。

名称属性値実装
ドラムマガジン22006.7.25

性能詳細

ウィンドマニューバの数に応じて遠隔攻撃の間隔が短縮される。

ウィンドマニューバ遠隔攻撃間隔補正後の間隔
0-3秒17秒
1-6秒14秒
2-9秒11秒
3-15秒5秒

装着することで遠隔攻撃再使用時間を-3秒(15%)短縮し、ウィンドマニューバ1つ毎に効果が上がっていく。

ウィンドマニューバを3つ点灯した場合には非常に短い間隔で遠隔攻撃を行うため、マニューバを維持できればかなりの火力アップが期待できる。
同じくバージョンアップにより効果が拡張されたヒートシンクと合わせて使用することにより、比較的容易にウィンドマニューバ3の状態を作り出すことが可能になっている。

入手手段

ENM奈落の傀儡師」(からくり士)で入手できる、いわゆるENMアタッチメントの1つだが、入手手段は順次追加されている。

オブ花鳥風月)の戦利品として入手できることがある。
その他、チョコボの宝探しにて手に入れることができる。
また稀にモグガーデン漂着物として入手することもある。

販売店舗

アタッチメントエリア・座標NPC販売条件標準価格
販売売却
ドラムマガジンナシュモ(G-6)Yoyoroon常時入荷118,560 G662 G

歴史

元々このアタッチメントは「命中率を犠牲にして、すばやく遠隔攻撃を行う。」という性能であり、遠隔攻撃の短縮には代償が伴っていた。

そのためレベル上げパーティー等、命中率が厳しい条件下では利用が困難で、格下相手などある程度の命中が確保できる程度格下相手で有効なアタッチメントだった。なお、当初の命中率ダウンの数値は電撃の旅団の調べでマニューバ0で-20、1で-40、2で-70、3で-100と言われている。


ウィンドマニューバ遠隔攻撃間隔補正後の間隔-飛命
0-3秒17秒-15
1-6秒14秒-30
2-9秒11秒-50
3-15秒5秒-75



参考に、命中率ダウンを伴っていた時の対処方法を掲載する。

命中ダウンの対処方法(撤廃前)

オートマトンの「遠隔命中率アップ」を表記しているアタッチメントスコープしか存在しないが、検証の結果からスタビライザーターゲットマーカーといった「命中率アップ」のみの表記のアタッチメントでも、遠隔命中率アップ効果を有している事が知られている。

また、ターゲットマーカーについては特に高い効果が得られるという報告もある。
彼我の命中:回避の差分を緩和する働きがある、または命中ではなく命中"率"に直接的に作用する等と考えられており、レベル差のある相手と戦う際に大きく効果を実感できるアタッチメントであるが、ドラムマガジンにより生じる命中マイナス効果に対し、それを緩和する働きも持っているというのがその主張内容である。
命中に不安がある場面で当アタッチメントを使用する際には、ターゲットマーカーの搭載と、その効果を発揮させるためのサンダーマニューバの併用が推奨される。
当然のことながら攻撃は当たらなければ意味が無いので、敵の強さを考えた上で使用マニューバの調整を行うこととなる。

コラム

ドラムマガジンは、一部の銃に使われているドラム型弾倉をモチーフにしていると思われる。

ドラム型弾倉とは、文字通りドラム(円盤)型の空間内に弾薬を納めて、その中から随時弾を銃身に送る機構である。基本的に多量の弾丸を消費する機関銃用と考えて良い。AK-47などの現役で使われている銃でも対応している物がある。機構が複雑で重いのが難点。映画「アンタッチャブル」等でギャングらが用いた"シカゴ・タイプライター"ことトンプソンM1928などが有名だろう。

オートマトンのは弾薬ではなく弓矢であるが、要はニュアンスである。細かいことは気にしてはいけない。

関連項目

アタッチメント】【からくり士】【ENMアタッチメント
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。