Rahal(らーある)
  1. NPCの一人。
  2. フェイスの一つ。


1.項 登場人物

現代、過去世界アビセアにて登場する。

現代

Rahal

サンドリア王国ドラギーユ城(H-9)の王立騎士団部屋にて任務中。フルネームは「ラーアル・S・ルブラール(Rahal S Lebrart)」。31歳。エル♂F4(銀髪)。

サンドリア王立騎士団団長であり、階級は子爵。幼少時のトリオン王子の守役を勤めていた。王子が成年してからも、とある遠国へ無断で旅立ったおり、部下のトラビアルスを使って追跡させる場面もあった。基本的に重要な場面を前にすれば国勢に拠った判断を取る人物だが、軽口を叩けるような場面では、組織として彼の率いる王立騎士団との対立が密かに取り沙汰される神殿騎士団、その長たるクリルラを自分の部屋に誘う(それも取っておきのロランベリーワインを傾けつつ、といいながら)という一面もあった。

人間に害なす邪竜を封印・抹殺するドラゴンスレイヤーである。だが悪しき竜を殺すはずである彼は、友人が竜騎士になったことを妬み、それを罠にかけ牢に閉じ込めその死を日々見届けている、という噂が実しやかに存在するらしい。


彼の愛剣は霊剣ドラグヴァンディルとされているが、実際にイベントシーンフェイスで呼び出した際にはロングソードと同じグラフィック片手剣を使用している。また、騎士団長でありながら見た目は王国従士制式鎖帷子で身を固めているが、NPC装備PCの基準に当てはまらないことが大半であるため、設定上で実際に従士装備であるかは不明である。

過去世界

Rahal少年

当時9歳、エグセニミル率いる少年騎士団の副団長である。何かと暴走しがちな団長エグセニミルを補佐する立場にある。が、彼もまた「オトナ」達への年相応の反抗心を持った普通の少年であり、先んじて従軍し精神的に成長していくエグセニミルには複雑な感情を抱いているようである。

また若年ながら急場に際し冷静かつ合理的な判断を下し、他の少年達に対して指導力を発揮する一面を持ち合わせてもいる。さらにオークの装甲兵に対して鎧の薄い脇腹を的確に狙い一撃で倒す場面もあり、技巧的な剣技を既に修得しつつあることを伺わせる。
それ故か少年騎士団の面々には相当の信頼を寄せられてもいるようだ。

当時の装備少年騎士団共通のオリジナルグラフィックの小型プレートメイル、サングインソードリッターシルトと同じグラフィックの剣盾。

アビセア

アビセア-ブンカールの(F-4)にて拠点を守っている。
迅速の紅色ジェイド入手クエストにて関わることとなる。

2.項 フェイス 

特定のフェイスゲットキャンペーンで入手可能な「盟-ラーアル」を、許可証に対応するフェイス担当NPCに渡すことで、フェイスラーアル」を習得できる。
エグセニミルと同じように、今後過去世界(幼少期)のラーアル実装するかは検討中とのこと。

特徴

ジョブナイト
戦闘タイプ
武器片手剣
WSスウィフトブレードサベッジブレードセラフブレードファストブレード
アビリティ挑発バーサクセンチネルシールドバッシュ
魔法フラッシュファランクスエンライトケアル(I~IV)
その他連携〆を狙う

ドラゴンスレイヤーという設定を反映して、ドラゴンキラーの特性を持っている。

ナイトフェイスながら、現代や過去で見せる冷静沈着な性格とは一味違った攻撃的な行動を取る。
基本的なナイトの動きに加えて、エンライトバーサク与ダメを増やし、ターゲットを維持しようとする。
ケアルIVはかなりHPが減らないと使用しない。

WSに関しては連携〆を狙う傾向があり、他のWSに合わせてWSを使ってくる。
バーサクを使うので、物理的防御が心元無くなってしまうが、格下相手に連戦を狙うなら彼を選択するのもいいだろう。

調整・変更

特殊台詞

関連項目

竜騎士】【サンドリアミッション】【少年騎士団】【髭に宿る力】【フェイス
Copyright (C) 2002-2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。