ドラギーユ城(どらぎーゆじょう/Chateau d'Oraguille)
王都サンドリアにあるエリアの一つ。
エリア略称はChatdOrag。

国王が住まう城だけあって、誰でも入れるわけではなく、関連クエストミッションオファーの際に入城が認められ、以後は自由に入城できる。
サンドリア所属の場合Rank2受領後、他国の場合はM2-3遂行中に資格が満たされる。

謁見の間や王族の居室スペース、王立騎士団神殿騎士団の詰め所に加え、城の奥には今は亡き王妃ローテゆかりの庭などもある。また、城の地下からはボストーニュ監獄に行くことができる。

サンドリア王家のゆかりの人については、ドラギーユ家の項を参照されたい。

公式設定

ドラギーユ王家の住まう天守であり、騎士団の本部も兼ねる、正しく王国の心臓部。
落成は403年だが、幾度もの増改築が繰り返された結果、当時の原形はまったく止めていない。

大広間(Great Hall)

天守内の主要な場所につながる広間。
謁見を待つ者が通される。
安全のため、室内は衛兵によって密かに監視されており、回転扉や矢狭間など様々な防備が隠されている。
南壁に飾ってあるタピストリは、エルヴァーン族に伝わる幻の都の最期を描いた「アルエーヌの神判」。

謁見の間(Audience Chamber)

国王臨席の外交使節の謁見や叙勲の授与式に用いられる、王座のある広間。
上段と下段に分かれているが、かつては高貴な身分の者や勲功著しかった者しか、上段で拝謁することが許されなかったため、ビロードの絨毯に立った者は国中の尊敬を集めることになった。

中庭(Central Garden)

中庭

王族の私室に四辺を囲まれた小さな庭。
中央の噴水は、鉄血王ランフォルが産湯をつかった神聖な場所の記念碑とされる。
しかし、トリオンら王子たちが幼少の頃、水を使った戦争ごっこに利用したため、一度壊れている。
花壇のライラックは、故ローテ王妃が愛し、植え始めた花。

王立騎士団控室(Royal Knights' Quarters)

王の急命や辺境の陳情に備え、王立騎士が常駐している大部屋。
といっても、豪勇を誇る団風を反映してか、手の空いた騎士は、剣技を競ったり、机上作戦を戦わせたりと、割と自由に過ごしている。
奥の扉は、本部や宿舎、武器庫や専用厩舎、弓場などに続いている。

神殿騎士団控室(Temple Knights' Quarters)

犯罪や火災の発生に備え、神殿騎士が常駐している大部屋。
王都の治安を一手に担っているため、席を空け巡回に出ている者も多い。
また、手の空いた者は静かに教典を読んで過ごすことが義務付けられている。
奥の扉は、本部や宿舎、専用の留置所や礼拝堂に続いている。

ボストーニュ監獄(Bostaunieux Oubliette)

狼王ルジーグの命によりドラギーユ城の地下に構築された古く広大な牢。
主に身分の高い国事犯が収監されており、脱獄に成功した者は皆無と云われる。
しかし、現在は何度も行われた増築によって迷路と化している上、苦悶の末に死んだ亡霊たちが「不死なる者」として蠢くようになり、一部を除いて利用されていない。
ダンジョンとしては、ボストーニュ監獄の項を参照されたい。)

関連項目

サンドリア王国】【北サンドリア】【南サンドリア】【サンドリア港】【ドラギーユ家】【ドラギーユ城の休日
Copyright (C) 2002-2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。