アップヒーバル(あっぷひーばる/Upheaval)
武神流秘奥義に属する両手斧WSの一つ。
2011年12月15日のバージョンアップにて実装された。
4回攻撃TP:ダメージ修正シャンゴル使用時:消費TPに応じたアフターマス発動。連携属性:核熱収縮シャンゴル使用時:核熱収縮

連携属性核熱/収縮イオニックウェポンアフターマス中はも追加される。
TP100020003000Hit修正項目
1.003.506.50×4VIT73%/76%/79%/82%/85%

レベル96以上、両手斧スキル357以上の戦士暗黒騎士魔導剣士メリットポイントで習得することによって使用できる。あるいはイオニックウェポンシャンゴル」を装備中に使用可能。

両手武器による4回攻撃で、特に攻撃力ペナルティなども無いため、格上格下共に高いダメージを見込める。
クリティカルが出ないためアビセアではTPクリティカルヒット確率修正WSに比べてやや見劣りする傾向にあるが、攻撃力に支援がある環境では比較的伸びやすい。

これまでの両手斧主力WSであるレイジングラッシュキングズジャスティスウッコフューリーと比較するとTP:ダメージ修正修正項目VITとかなり異なった方向性を持っている。
VITに関して戦士は低めであり、意識して新たに装備を集める必要がある*1

核熱属性WS全般に言えることだが、分解属性WSを主力とする他アタッカー*2と非常に連携の相性がよい。
PT構築時にうまく核熱WS主力のジョブ分解WS主力のジョブをセットにすると、火力が目に見えて増えるだろう。

レイジングラッシュキングズジャスティスが使えない暗黒騎士にとっては、実にシュトルムヴィント以来となる両手斧多段WSとなる。もっと低レベルから使えていたならばともかく、既に主力武器に強力なWS実装されている暗黒騎士にとって、両手斧を手にする動機付けとはなっていない。一応、暗黒騎士が使える両手武器の中ではスカージ/インサージェンシー以外の核熱WSではある*3

歴史

かつての仕様では3振り以上をしないと実戦投入は難しかったが、2013年4月30日のバージョンアップで全体的に修正項目が引き上げられ、代わりに必要なメリットポイントが増えている。

2014年6月17日のバージョンアップでは他のWS共々基本性能が変更されている。それまでは以下の性能だった。
TP100020003000Hit修正項目
1.001.502.00×4VIT73%/76%/79%/82%/85%

このバージョンアップではTP2,000以上でのTPボーナスが引き上げられている。

2017年10月11日のバージョンアップで、ヘルプテキスト連携属性が追加されている。

名称について

名称は地殻隆起、または大動乱といった意味。

エフェクトもそれに倣ってか、左右に大きく斬り付けた後袈裟懸けに振り抜き、その勢いで回転しながら上から叩き割り、最後は青い結晶が湧き上がり、螺旋状のエネルギーが立ち上るというダイナミックなものになっている。

SS

アップヒーバル

関連項目

メリットポイント】【武神流秘奥義
Copyright (C) 2002-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
STR修正項目VITの両立に関してはスチールサイクロンと同じ方向性で装備を選択すれば良い。
*2
暗黒騎士レゾルーション十二之太刀・照破狩人エイペクスアローカラナックアタッカーではないがシーフ等のエクゼンテレターなど
*3
といっても、核熱目的ならスカージはまだしもインサージェンシー神器暗黒騎士>をクリアすれば誰でも使えるようになるし、威力が目的なら両手剣レゾルーションがある。スキル武器選択肢で劣る両手斧アップヒーバルを使用できるとしたら、すでに戦士などで5段階まで強化している場合くらいだろう。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。