エイペクスアロー(えいぺくすあろー/Apex Arrow)
武神流秘奥義に属する弓術WSの一つ。
2011年12月15日のバージョンアップにて実装された。
3倍撃TP:防御力カット率修正アキヌフォート使用時:消費TPに応じたアフターマス発動。連携属性:分解貫通アキヌフォート使用時:分解貫通

連携属性分解/貫通イオニックウェポンアフターマス中はも追加される。
倍率防御力カット率Hit修正項目
TP100020003000
3.00???×1AGI73%/76%/79%/82%/85%

レベル96以上、弓術スキル357以上の狩人メリットポイントで習得することによって使用できる。あるいはイオニックウェポンアキヌフォート」を装備中に使用可能。

エフェクトだけを見ると4HitWSに見えてしまうが、単発WSである。
TP1000即撃ちでも高めの倍率を持ち、TPをより貯めれば敵の防御力が高い場合でさらにダメージを伸ばすことも可能。
命中率の不安があるサイドワインダーに代わる新たな選択肢が出来たと言えるが、単発WSミスも多く倍率も端的に言えば平凡なので、他の武神流秘奥義と比べてもパッとしないかもしれない。

重要なのは連携属性分解を有するため、習得することで連携に新たな選択肢が加わる事である。
エイペクスアロージシュヌの光輝ジシュヌの光輝2連の一人3連携をすることは、狩人にとっては一つの目標であり憧れであろう。
ただしアキヌフォート装備中は連携属性を有するため上記の3連携は成立しない*1

ちなみにサポ武器にとらわれず無条件で使用できる初の弓術WSでもある。弓侍にとってもこの実装は朗報と言えるが、南無八幡のような強力な命中補正が無いため当てるのは一苦労となる。

エフェクトは、弓を引き絞ると光の円が現れ4本の巨大な光の矢を放つ。
他のWSに比べると種族性別によるモーションの違いが大きく、正直エルヴァーン♂のモーションは、が撃てている事自体が謎なくらいおかしい状態になっている。
また、反動で大きく後ろに下がるように見えるが、あくまで演出上の動きのため実際に場所が変わったり、段差から落ちたりすることはない。
種族性別モーションの特徴
ヒュームごく普通の構え。右足を軸にして踏みとどまる。
ヒュームやや大股で構える。吹き飛ばされて右手と膝をつく。
エルヴァーン弓を高く放り投げ、深く構える。小さく跳んで後ろに下がる。
エルヴァーン左足で力強く踏み込む。右足を軸にして踏みとどまる。
タルタル小さく跳んで前に出て構える。吹き飛ばされて頭から1回転する。
ミスラ少し深く構える。小さく跳んで下がった後、宙返りして元の位置に戻る。
ガルカ左足で力強く踏み込む。少し飛ばされて右手をつく。
四股を踏み顔を斜めに反らした構え方をする。

歴史

2014年6月17日のバージョンアップではWS全体の調整が行われたが、その中で(少なくともアナウンス上は)性能に手を加えられなかった数少ないWSの1つとなった。

2017年10月11日のバージョンアップで、ヘルプテキスト連携属性が追加されている。

名称について

名称は「頂点の矢」の意味。

関連項目

メリットポイント】【武神流秘奥義】【倍撃
*1
エイペクスアロー)⇒ジシュヌの光輝)の2連携で止まってしまう。この場合はアーチングアロー or エンピリアルアローエイペクスアロージシュヌの光輝という繋ぎ方をする必要がある。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。