レゾルーション(れぞるーしょん/Resolution)
武神流秘奥義に属する両手剣WSの一つ。
5回攻撃TP:ダメージ修正ライオンハート使用時:消費TPに応じたアフターマス発動。連携属性:分解切断ライオンハート使用時:分解切断

連携属性分解/切断イオニックウェポンアフターマス中はも追加される。
TP100020003000Hit修正項目
0.718751.502.25×5STR73%/76%/79%/82%/85%

レベル96以上、両手剣スキル357以上の戦士ナイト暗黒騎士魔導剣士メリットポイントで習得することによって使用できる。あるいはイオニックウェポンライオンハート」を装備中に使用可能。

なおレゾルーション(resolution)とは「決意」又は「不屈」という意味。

特徴

待望の両手剣多段WS
モーションは、横薙ぎ、切り上げ、二回転斬り後、縦斬りで叩き割るというダイナミックなもの。
ミスラのみ最後の縦斬りの遠心力をつけるためにトンボをきる。
クレセントムーンシックルムーンの流れを意識したのか、最後に三日月のイメージが浮かび上がる。

修正項目STRのみで伸ばしやすく、習得1段階のTP1000即撃ちでも十分に実戦投入可能な威力を持ち、5段階まで高めれば全両手剣WS中有数の威力を見せる事も出来る。
ダメージ倍率が全段に有効という特性を持つ。そのため、属性ゴルゲットなどのダメージ倍率をアップさせる効果も全段有効となり、ダメージを大きく向上させることができる。
但し、攻撃力にマイナス補正が有る為支援なり食事なりで十分な攻撃力を確保出来なければスピンスラッシュにすら劣ってしまう場合も。

両手剣WSはかつて不意打ちスピンスラッシュなど一時代を築くWSもあったが、時代の流れと共に使われることは減っていった。
しかしトアクリーバーと、このレゾルーション実装されたことにより、再び両手剣カテゴリそのものの評価が上がることになった。
トアクリーバー武器作成の難易度はあったものの、不意スピンのようなサポ依存から脱却し、加えてレゾルーションメリポのみでよいというハードルの低さが決め手となった。

歴史

2013年4月30日のバージョンアップで1段階毎の修正項目が上方修正され、引き換えに必要なメリットポイントが増加している。

2014年6月17日のバージョンアップでは他のWS共々基本性能が調整されている。それまでは以下の性能だった。
TP100020003000Hit修正項目
0.718750.843750.9296875×5STR73%/76%/79%/82%/85%

このバージョンアップではTP2,000以上でのTPボーナスが引き上げられている。

2017年10月11日のバージョンアップで、ヘルプテキスト連携属性が追加された。

WSエフェクト

レゾリューション

関連項目

両手剣】【メリットポイント】【武神流秘奥義
Copyright (C) 2002-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。