大羊族(雄羊)(おおひつじぞく(おひつじ)/Ram)
モンスターの一種。ビースト類大羊族。2002年5月16日のサービス開始と同時に実装された*1

大羊族(雄羊)

捻じ曲がった角と巨大な体躯を誇る。

外見こそ違えど通常のヒツジと同じ大羊族に属し、独立した種族ではない。
攻略本などでは「大羊族(雄羊)」、パンクラティオンでは「大羊族(ラム)」と呼ばれるなど正式名称は定まっていない感があるが、プレイヤーたちからは通称である「雄羊」(もしくは俗称の「デカ羊」)で呼ばれることが最も多い。通常の個体は白いが、アドゥリンエリアにはオヴィムという茶色い亜種もいる。

東ロンフォールラテーヌ高原コンシュタット高地ルフェーゼ野カダーバの浮沼アビセア-ラテーヌに生息する。
その巨躯と移動のたびに響き渡る地鳴りなど見かけた際のインパクトは大きいが、比較的目に付きやすいエリアではNM扱い*2、通常モンスターとして配置されているエリアは訪れることがそもそも困難と、意外に目にする機会は少ない。
アビセア-ラテーヌではかなりの数の雄羊が通常配置されており、アクセスも非常によろしく、さらにノンアクのため、好きなだけその雄姿を鑑賞できるようになった。

特徴


一部NMを除くほとんどの個体がアクティブかつ、通常の大羊族リンクする。巨体の割に移動速度は速く、走って逃げても逃げ切るのは困難である。
サービス開始直後は、周囲のモンスターとは一線を画した強さを誇り、地鳴りと共に現れる、絡まれれば最後と恐れられた敵であった。

特殊技

名称範囲効果空蝉備考
レイジ敵自身バーサク-
大咆哮自身中心範囲HPmaxダウン貫通
ラムチャージ近接単体物理ダメージノックバック1枚ラーニング可能
地鳴り自身中心範囲物理ダメージ回避率ダウン貫通
ペトロブレス前方範囲土属性ブレスダメージ石化貫通
ブーミングブリート範囲ダメージHPmaxダウン貫通Trudging Thomasなど一部NMのみ使用

HPmaxダウン大咆哮と、石化効果のペトロブレスが厄介。
特に大咆哮戦闘序盤で受けると建て直しに苦労する。以前はカーズナHPmaxダウン回復することが出来たが、後に修正されイレースでなければ回復できない。

その他、アトルガン地方の雄羊族は大羊族同様特殊技をするごとにChigoeが出てくるので、そちらも注意しておきたい。

戦利品

雄羊の毛皮雄羊の角はともに素材として安定した需要が見込まれるため、最も低いレベルの雄羊であるラテーヌ高原Battering Ramコンシュタット高地Tremor Ram金策の相手になりうる。どちらも一度に複数個を落としうるが、個体数が少ないため取り合いは避けたいところ。
アビセア-ラテーヌに大量に配置されたため今ではこちらが雄羊狩りの主戦場になっている場合もある。

かつてはドロップ品がウマイと知れ渡るや否や、サポ狩Lv1の高レベルプレイヤーが続々と集まって取り合いを繰り広げるブームになったこともある。言うまでも無く、取り合いのために稼ぎが悪くなって次第に廃れた。現在では素敵合成目当てや通りすがりによく狩られている。

これらの雄羊を抽選対象とするLumbering LambertRampaging Ramの両NMは、バストゥーククエスト猛き獣の拳を」に必要な暴走雄羊の角狂乱雄羊の角ドロップする。
これ以外には特に有用なものを落とすわけでもないので、クエスト目当ての人がいるようなら譲ってあげよう。

モンストロス・プレッジ

種族ジョブ
大羊族(雄羊)

習得Lvモンスタースキル効果消費TP備考
1ラムチャージダメージ補正300%。
追加効果:ノックバック
1000
10レイジ自身に攻撃力アップ防御力ダウンの効果。1500
20地鳴り自身の周囲の敵に回避ダウン効果。800
40ペトロブレス対象に向かって扇範囲の敵に石化効果。2000

関連項目

ビースト】【眠れる牡羊】【Rambukk】【Battering Ram】【Lumbering Lambert】【Bloodtear Baldurf】【Tremor Ram】【Rampaging Ram】【Steelfleece Baldarich】【Amaltheia】【猛き獣の拳を】【キャンドルの原料
Copyright (C) 2002-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団公式 十年事典より。
*2
エリア全体で1~2匹しか生息しない。
*3
当初はBattering Ramのみのドロップだったが、後に追加されたルフェーゼ野のTavnazian Ram、カダーバの浮沼のMosshorn、アビセア-ラテーヌ雄羊ドロップする。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。