プークの幻影(ぷーくのげんえい/Shadows of the Mind)
戦績BFの一つ。翡翠廟だいじなもの皇国軍・黒の書を持参すると挑戦することが出来る。

  • 30分制限
  • 6人制限

敵は題名通りプーク族NM「Phantom Puk」が1体。

特徴

プーク単独での強さはたいしたことはないが、1分ごとに特殊技ボレアースマント」を使用し、4体の分身を呼び出して合わせて5体で攻撃してくる。

スリプルは効かないがララバイが効くのでかつては吟遊詩人が重要であった。学者が登場してからはプークの幻影での黒はサポ学が標準となっているため、詩人の達ララで幻影が寝る前に疾風ブリザガII(氷曜日サンダガII推奨)で幻影を瞬殺している光景もしばしば見受けられるようになり、詩人の重要性は以前より薄れてきている。分身は放っておいても30秒ほどで勝手に消えるが、消える前に本体に範囲HP回復技「ホワイトウィンド」を使われると、分身が目覚めて詩人めがけてまっしぐらという危険を含んでいる。
分身HPは低いので黒魔道士がいれば精霊ガII系装備が整っているなら精霊ガI系でもいける)で一気に吹き飛ばしてしまえる。

Lv75キャップ時代でも、前衛3+白魔道士(or赤魔道士)+黒魔道士吟遊詩人とさほど無理のない構成で戦術も確立されている、移動も距離も短く、6連戦もさほど時間が掛からない。かつては、クロマ鉄鉱が産出されていたこともあって人気が高かった。
アビセア以降はクロマ鉄鉱の価値が大暴落したことですっかり寂れてしまったが、2011年7月12日のバージョンアップによってビシージでの皇国軍戦績獲得量が増加したこと、古代魔法精霊魔法スクロールが高騰していたことから再びにぎわいを見せている。

またレベルキャップが解放された現在では、盾兼アタッカーボレアースマント対策兼ヒーラーなど)の、2人でも安定して勝利することが出来るようになり、一部のジョブ*1ではソロでの勝利も可能になっている。

戦利品

  1. 薬品枠1(イカロスウィング魅了の薬意志の薬知恵の薬)
  2. 素材枠1(ブラスタンクメローの鱗ジーグリンデパテアーリマンの翼)
  3. 魔法スクロール枠1(ウォータIVブリザドIVクエイクディスペルイレースプロテアIVプロテスIVリレイズIII)
  4. チョコボの卵(ちょっぴり温かい 100%ドロップ)
  5. プークの翅(100%ドロップ)
  6. 装備枠0~1(カンパニーフルーレトーナメントランスマグネットナイフサクリフィストルク)
  7. 素材枠0~1(野牛の角カラクール織物虹布羅紗波布の皮赤草布ワモーラクロス)
  8. 素材枠1(輝金鉱クロマ鉄鉱龍の爪ベヒーモスの角)
    12000ギル/突入人数

関連項目

戦績BF
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。