Golden Kist(ごーるでんきすと)
醴泉島に出現するミミック族NM
2015年11月10日のバージョンアップで追加された。

Golden Kist

出現条件

ギアスフェットの条件を満たした上で、醴泉島に点在する???調べることにより出現する。

グリスリートリンケットゴールデンキストのカギ」の入手には、下記何れか一種が必要になる。

特徴

コンテンツレベル129に相当するモンスター

仕様技は、ダブルワーミーデストラップ(自己中心範囲にスタン + )。HP50%あたりから、引き寄せパンドラの呪いも使用してくるようになる。

また、HP75%、50%、25%、10%になった際に魔力の泉を使用する。10%以下になると、HPの割合ではなく定期的に使ってくるようになる。*1
魔力の泉と同時にHPMP回復無効の呪い+ディアスフィアを広範囲に発生させ、何か1つの属性を纏い、その属性魔法を使用し、その属性ダメージ吸収する。使用する魔法を見て属性を判別可能。
纏った属性に対する強属性ダメージを与える事でスフィアを解除できる可能性がある*2

光属性に対して強力な耐性を有しており、フラッシュですらレジストする。
また、物理ダメージカットを有しているため、他のSTEP1のNMと比較的かなり打たれ強い。
少人数攻略の場合、火力が足りないと時間切れもありうる。

使用魔法は、以下の通り。
通常:プロテスV、シェルV、フラッシュバニシュIII、リポーズ
魔力の泉中:まとった属性の単体IV、V、VI。ガ系のIV。メテオ

魔法の使用頻度は高くなく、魔力の泉中でも魔法ばかり使用するわけではない。
補助魔法を1回も使用しないケースもある。

使用技で最も厄介なのが、デストラップ(自己中心範囲にスタン + )。この技も非常に範囲が広く、魔法が届く範囲では被弾する模様。さらにが-200HP/3秒と強烈なのでこの技の対策が必要になる。
単独であれば立て直しが効くが、魔力の泉中の回復不能スフィアと重なると、あっという間に壊滅させられてしまう。

対策としては以下の通り
風水魔法アトゥーン+ヴェックスで毒のレジストを狙う
 注意点として、実装当時に比べると上記の風水魔法の性能が落ちているため、確実なレジストとなるとハードルが以前よりも上がっている。
 バポイゾラなども併用しておくこと。

スタンで止める
 スタンは普通に通り、サドンランジのような追加効果*3であっても止めることが可能。
 徐々に耐性がついてくるものの、完全にレジストされるまで耐性が上がることはまれなので、なるだけ完封する。
 特に魔力の泉が来そうもしくは泉中は、確実に止めること。

女神の愛撫で無効化する
 エーベルミトンメンディングケープを使えば、最大5回まで無効化できる。
 ただし、デストラップ範囲攻撃であるため、ポイゾナがどこまで範囲化できるかが問題になる*4

当然ながら、魔力の泉中の回復不能スフィアの展開時間が長くなるほど危険度が増すため、いかにして素早く解除するのかも重要になる。
魔力の泉使用後、まれにメテオを使ってくることがあるが、概ねすぐにまとった属性魔法を使用してくるため、見逃さないようにして素早く解除して起きたい。
基本的には、精霊魔法の連打やエンチャントルーンエン系による追加ダメージで解除を行う。フェイスシャントットIIであれば、解除に貢献してくれることもある。
ダメージであるほど解除率が高いという報告があるため、手数ダメージかは編成によって方針を決めるとよい。
注意点として、物理主体の場合はパンドラの呪いがかかると命中不足になり、解除に手間取る恐れが出てくるので、命中は高めにしておいたほうがよい。

敗退の原因は、魔力の泉中にデストラップが重なることよるものに集約され、これをいかにして凌ぐかが攻略のほぼすべてになる。
なお、デストラップが残っている状態で、魔力の泉が来てしまった場合でも、HPMP回復はできないがの治療は可能。
ただし、フェイススフィア展開中は回復行動をとらなくなるため、の治療も行わない点に注意。

戦闘開始時にデストラップを使用するので、ポップ時はリーダーナイト以外は出来るだけ離れていた方が良い*5
特にフェイスがいる場合、デストラップリポーズと決められると、フェイスの起動が遅れてしまい、いきなり半壊する恐れがある点に注意。
デストラップスタンは、魔回避装備で固めることで回避できるので、装備が整っていればわかせるときは着かえておくのも手である。

攻め方については、物理魔法のどちらでもよいが、物理カット特性と頻繁に飛んでくる範囲スタンのおかげでどっちを軸にしても苦労しやすい。
連携では、効率が落ちるため闇連携メインで攻めれるならそちらを選択したほうが良い。
解除魔法に関しても闇系の解除魔法を使用すること。

STEP1の中では突出した強さを誇り、少人数攻略では下手なSTEP2のNMよりも強いので、万全の態勢で臨みたい。

戦利品

名称について

Kistは箱型の家具の一種で、コッファーチェストとも呼ばれる。この場合は「黄金の箱」といったところか。

関連項目

ギアスフェット】【ゴールデンキストのカギ
Copyright (C) 2002-2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
多少タイミングがずれることがあるため、終盤は使わないまま倒せることもある。
*2
解除成功時に白い弱点が表示される。
*3
魔命が低いとさすがに通らないので、命中魔命の両方を意識する必要がある。
*4
ヤグルシュがあれば完ぺきではあるが、ハードルが高い。
*5
魔法は届くような位置では、デストラップがとどくのでかなり離れておく必要がある。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。