Yaanei(やーねい)
アビセア-アットワに出現するカトゥラエ族NM

Yaanei

出現条件

パラダモの丘頂上にヴァナ・ディール時間15:00にPOPする。

月齢が絡んだ場合のPOP条件は「カトゥラエ」を参照。

クエストてんでばらばらな調査隊」をする際にはこのNMに注意が必要。

特徴


技名称範囲効果空蝉備考
ヘルクレッシェンド範囲ダメージ+麻痺消去
デスディミヌエンド範囲呪い+バイオカーズナ可能
ステュクススフィア敵自身HP回復状態異常回復-2000程度
インタフィアランス範囲ダメージ+ディスペル消去
マラインインボケション範囲ダメージ+アムネジア消去
ベシージャベイン大範囲テラー+バイオ+呪い+ヘイトリセット貫通

また、ストーンV、ストンガIV、サンダーV、スロウガブレイクブレクガスリプガIIなどの魔法を使用する。
カトゥラエ族の中では珍しいダブルアタック持ち。

スタンは有効。
パライズスロウは有効だが、どちらも徐々に耐性が付く。

ガは数名でくらっても大きなダメージをくらうため、前衛後衛も最低でもHP2000以上ブーストしておきたいところ。
攻撃技の多くが蝉消去の範囲ダメージという手ごわい相手だが、特に脅威なのが後半に使用するベシージャベイン
ターゲットしているPC引き寄せて複数回使用し、1分程度のテラーバイオスリップも痛い上に、終盤になると範囲がさらに広がる。
残りHP1割以下になると、特殊技を連打するいわゆる発狂モードになりやすい。
超広範囲化したベシージャベインを連発され後衛諸共に身動きできず返り討ちにあう光景は良く見られた。

そのため、実装当初はメンバー全員聖水を2D以上用意しておき、終盤のヘイトリセットや1000~1500前後の範囲WS連打の対策として、前衛後衛共に侠者の薬を用意しておくことが望ましかった。
当時の攻略としては、残り2~3割くらいになったらアタッカーPT絶対防御をかけて追い込みをかけ、1割程まで削ったら侠者の薬を使用して畳み掛ける、といったもの。
TP技を使用した後は一定時間の間、強力な物理ダメージカットが付く為、出来る限り無駄な与TPは抑えたい。
物理ダメージカット中にステュクススフィアを連発されるとジリ貧に陥る可能性もあった。

現在ではPC強化も顕著なため、構成次第で少人数でも撃破可能となっている。
またパラダモの丘の登山道を利用して後衛を高台に上げる事でベシージャベインに巻き込まれる事なくケアル等の支援を行う戦闘方法もある。

デスディミヌエンド呪い聖水カーズナ共に有効。
ベシージャベイン呪い中は回復魔法無効。カーズナ無効。
呪いを受けた状態でのハートオブミゼリエスナや、ハートオブソラスサクリファイスで治療や転移は可能。

戦利品

虚空のアートマフェリンネックレス(100%)、エストクルケープ(100%)、アイアスボンネット、他素材

また、称号「ヤーネイ クラッシャー」(Yaanei Crusher=「ヤーネイを撃ち砕く者」)を得られる。

由来

チェスや将棋の起源といわれるインドのボードゲーム「チャトランガ」(Chaturanga、サンスクリット語ではcaturanga)の駒の1つ*1。「象」を意味し、将棋の銀将と同様の動きをする。

関連項目

アビセア-アットワ】【カトゥラエ
Copyright (C) 2002-2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
→Chaturanga(Wikipedia英語版)
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。