ガードスキル(がーどすきる/Guard Skill)
防御スキルの一つで、敵の通常攻撃によるダメージを大幅に軽減する。
モンクからくり士が所有。
スキルキャップ
-A---------------B-----

ガードが行われる可能性があるのは、戦闘態勢に入っていて自分の視界に敵が入っており、なおかつ自身が石化テラーなどの行動不能になる状態異常にかかっていないときのみである。
その上で、格闘武器装備しているか、または格闘スキルを持つジョブ(メインサポは問わない)で両腕が素手の場合に限られる。
なお、格闘スキルがあってガードスキルが無い場合でもガードは発生する。

ガードが発動した場合、盾防御と同様に被ダメージのいくぶんかをカットできる。ダメージカット率の最高は100%(つまり0ダメージとなる)で、0ダメージでない限り被ダメージ時のTP上昇効果は得られる。
ジョブ特性タクティカルガード」を持っている場合、ガードの発生自体でTPを得られるようになる。

スタン中でもガードは発動する。さらに睡眠状態から覚める際に受ける一撃にもガードは発動する事が確認されている。
敵側は止めの一撃にもガードが発動するが、PC側は未確認。

発動する機会は受け流しスキルに近いが、受け流し空蝉の術幻影が剥がされる条件よりも優先して発動するのに対し、ガード幻影の判定よりも後なので、あげにくいとされる受け流しスキルよりもさらに発動頻度は低くなる。
このような特徴からかつては防御スキルの中でも最もスキルが上がりにくいとされていたが、2012年7月24日のバージョンアップガードが発動しなくても上昇判定が行われるようになり、またスキル上昇率が引き上げられたため容易にスキル青字まで上げられるようになった。

モンクタイプの獣人マンドラゴラなど、モンスターにもガードスキルを所持し、実際に攻撃ガードするものが存在する。
これらのモンスターウェポンスキルを使った際にガードされると「ミス」と表示される。「ミス」と表示されてもPC側のガードと同様、軽減されはするもののダメージは与えている。弱点WSガードされると弱点を付くことが出来ない。

関連項目

受け流しスキル】【回避スキル】【盾スキル
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。