ケアルタンク(けあるたんく)
ケアルがそのジョブの本来の役割では無い(またはケアルだけが役割の全てでは無い)筈なのに、ケアル一辺倒を前提にパーティに加わっている状態を、侮蔑の意図を込めて(もしくは自虐的に)呼んだモノ。まれに、ケアル以外の仕事もあるのにケアルしかしない様な人の事を指すこともある。同意義として回復専用の存在という意味で「薬箱」「ケアルマシン」「ケアル士」などと呼ばれる場合もある。*1

この言葉は、黒魔道士精霊魔法の機能が著しく低かった頃【漂白時代】から頻繁に見られていたが、後にメインジョブ能力よりもサポ白の能力の活躍が目立っていた頃の召喚士、さらに学者へと主役を移した。

こうした状態が生じうるジョブとしては、サポ白黒魔道士召喚士学者のほか、MP量が簡単に確保できるタルタルであればサポ白ナイト暗黒騎士、まれに青魔道士も含まれる。また、ケアルでなくとも回復が可能なジョブを含む場合がある。

ヒーラー」とは「癒し手」の意味である。一般的に、メインジョブ白魔道士を扱う中の人は、回復・治療に誇りを持っている事も多く、「ケアルタンク」呼ばわりされることに嫌悪感を抱いている。同様に上記のジョブもそれぞれに誇れる仕事を持ち合わせているわけである。と同時に、ヒーラーの存在はどのようなパーティ編成においても不可欠であるため、誰かがヒーラーとして振舞わなくてはならないのに、メインジョブ能力だけではヒーラーとして振舞えない・間に合わないため必要悪として誰かがケアルタンク状態に陥ってしまうことがある。

上に挙げたいずれのジョブケアルだけが仕事という事はありえないため、その言葉を当てはめるということはそのジョプの尊厳を傷つける行為に等しい。当該ジョブに対し「ケアルタンク」という言葉を使うのは、前衛ジョブに対し「脳筋」という言葉を使うのに等しい侮蔑と認識しておくべきであろう。

しかしながら、後衛不足(回復役不足)が多い状況下ではケアルも仕事と割り切れば経験値が入手できるので誘いが来るだけマシだ、という24時間放置当たり前の一部の意見もある。
もっとも、サポ忍の普及によってケアルの価値は減少し、逆にヘイストの重要性が高まるにつれて、単に状態異常回復ケアルが出来ればヒーラーが務まるという状況も減ってきたのも事実である。「ケアルタンク○」というサチコメでも放置当たり前の現状では目くそ鼻くそかもしれない。

また、オートマトンはチューニングしだいでケアル以外の魔法を使用しなくなり、これをケアルタンクおよび同意義の言葉で呼ぶ場合がある。

関連項目

驚きの白さ】【漂白時代】【サポ白
*1
単に英語でTank(タンク)と言う場合は盾役と同義なので要注意。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。