ヘルシング作戦(へるしんぐさくせん/Bloody Rondo)
ルジャワン霊窟/アズーフ島監視哨で行われる山猫中尉アサルト
皇国の支配に頑なに抵抗を続ける北辺領主どもの1人であり、
自らを不死化したことで知られるドラクラ伯爵が、
我が国への反攻作戦準備のため、ルジャワンに潜伏しているらしい。
アサルト要員は秘密裏に伯爵を暗殺せよ。

作戦領域:ルジャワン霊窟
作戦目標:ドラクラの討伐
募集要員:レベル70 1~6人
作戦戦績:基本値1,500*1
戦闘有無:有り(必須)

中尉アサルトは全て地図が存在しない。

内容

敵はヴァンピール族のCount Draculaのみ。制限時間30分のうちにCount Draculaを倒せば良い。

Lv99及びアイテムレベル装備であれば、ソロによる討伐も可能。ペットジョブであればほとんど苦も無く倒せる。

下記内容はLv75キャップ時代のものです。現在のPC能力を加味して参考にして下さい。

Count Dracula

他の中尉アサルト同様に実に単純な作戦内容ではあるが、難易度は高い部類だった。事前にしっかり予習をしてから挑まねば返り討ちに遭ってしまうだろう。

中尉共通の作戦戦績として、6人編成でも最少の3人でクリアしても1,500もらえた。ただしこの作戦の少人数撃破報告は極めて稀であった。

スタート地点から通路が続き、奥に広場があるだけの単純な構造となっている。しかし、当アサルトでは段差や障害物が多く通れない場所が多いという特徴を持つ。

Count Draculaは暗黒騎士で、使用魔法もそれに準じたものとなっている。なのでサイレスは入れずに好きに魔法を撃たせているほうが安全だったりする。*2
攻撃力はそれなりに高く、攻撃間隔も短め。
エレジースロウは有効であるので編成次第では活用したい所である。
移動速度は遅い。魔法詠唱で足を止めるのでマラソンも容易。戦況に応じたマラソンは是非視野に入れておきたい。
特殊技についてはヴァンピールの項目を参照の事。
全体的に前方範囲を対象とする技が多いので、盾役は必ず標的を挟む形で立つよう細心の注意を払うこと。また、盾役以外は盾役の直線上に立ってはいけない。

使用する多くの特殊技の中で注意したいのが以下の5点である。

特に最後に挙げた「ノスフェラトゥキス」に対しては、事前にしっかりと対策を立てなくてはいけない。
これは、標的のHPTP吸収するだけでなく、その対象の一人のドッペルゲンガーを作り襲わせるという、とんでもないシロモノである。

ドッペルゲンガーは睡眠に対して完全耐性を持つため寝かせて放置することは不可能。
対象PC装備品の能力をそのままコピーするらしく、武器追加効果も発動する上、レリック固有WSも使用してくる。
HPPCと同程度なので二人以上でかかれば倒すことは容易だが、ヒューマンキラーを持っているらしくたまにプレイヤーをひるませることがある。
なおドッペルゲンガーは倒さなくても、1~2分程度で自動的に消滅する。

対策方法は2つ

ノクトサービチュード」は魅了技である。
メイン盾が操られた場合は即座に眠らせ、別の盾役タゲを取るかマラソンで時間を稼ぐと楽かもしれない。
これも前方範囲が対象となるので、同時に何人も魅了されないように注意。
詩人ララバイで寝かすとよいが注意すべき点として、バイオや毒状態であると極めて危険な状態となる為、事前の状態回復には十分注意を払う必要がある。
また、魅了技は二次的な効果としてヘイトリセットの効果がある為、立て続けに盾が魅了されると回復役が追い回されるようになる。
この時、とっさにマラソンができないと建て直しができなくなる。

HPを半分以上削ると、「断罪の瞳」を多用するようになる。
これはタウルス族の使うモータルレイと非常によく似た技であり、発動時に視線を合わせていると死の宣告にかかってしまう。
使用頻度は結構高めであるので、事前に大量の聖水を用意する必要がある。
カーズナでも直らないことはないが、運が悪ければ数人からカーズナをうけつつ本人が聖水を飲めるだけがぶ飲みしても治らないステータス異常である。少しでも治る確率を高めるためにも備えはしっかりとしておきたい。
勿論、発動時に即座に視線をそらすなどの余裕があれば、それに越した事はないのだが、モータルレイよりも若干発動が早いのでそれもなかなか難しい。

Count Dracula : さて諸君、楽しかった今宵の宴も
そろそろ終わりの刻が近づいてきたようだ。
我輩は休ませてもらうとするよ…。

魅了やらドッペルゲンガー作成やら、なかなか癖のある内容となっており、後半の特殊技ラッシュの中でノスフェラトゥキスノクトサービチュードなどと繰り出されると、6対1だった戦力が5対3と激変してしまうなど崩れる要素はいくつかある。
ノクトサービチュードを立て続けに連発してくることもあり、運が悪くて負けたとしか言いようのない負け方をすることもある。
使ってくる特殊技次第で難易度がかなり違って感じられることだろう。

上記のとおりWSに癖があるが、敵のレベルがそれほどでもない為、他の中尉アサルトと比べると難易度は真ん中に位置する。
事前にしっかりと対策を考え編成を選んで挑めば、それほど驚異的な相手ではないと思われる。

編成は使用特殊技の都合から盾役を2人組み込んでおくと安定するかもしれない。
一方で火力もそれなりにないとHP吸収技による回復を上回るダメージが与えられずにジリ貧になるので注意。
ノスフェラトゥキスでの範囲HP吸収があるので敵に近接する前衛は多くても3人程度までにしておいた方がよいだろう。アタッカー遠隔アタッカー魔法アタッカーならばその分多少楽になる。

外部リンク

→ヘルシング - Wikipedia
→ドラキュラ - Wikipedia

関連項目

アサルト】【カバレーロガントレ】【バンピリックミトン
Copyright (C) 2002-2012 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
ソロの場合、リーダーボーナスがついて1,650になる。
*2
使ってくる魔法ドレインアスピルアブゾ系精霊II系など
*3
通常は倒した方がよいが、他に魅了されているPCがいる場合はマラソンした方がいいなど状況によってどちらがよいかは変わる。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。