通貨(つうか)
FFXIにはさまざまな通貨が存在している。

ギル

主にアルタナ四国協商圏で用いられる。
詳しくはギル参照。

旧貨幣

国家間の同盟が締結されるまで、各国は独自の経済体系を持ち、

という独自の通貨を用いていた*1

中でもバストゥークでは857年に当時の通貨であった1バイン100バインの紙幣が発行されており、少なくともこの時点までは独立した経済環境であったことを裏付けている。

獣人のお金

獣人には獣人銀貨獣人金貨などの獣人同士の通貨・貨幣が存在する。
主に、技術力に優れたゴブリン族、冶金術に長けたクゥダフ族によって鋳造され、一部はヤグード族も役割を担っている。
各貨幣の価値比重は不明だが、ギルへの換算レートは以下のようになっている*2
アイテム売却標準価格
獣人貨10ギル
獣人銀貨28ギル
獣人ミスリル貨47ギル
獣人金貨420ギル
獣人白金貨840ギル

獣人間での通貨は古くから共通だったものと思われ、特に協調性の無い獣人が、人類より先に経済統合を達成していた点もまた興味深く、殆ど改鋳前提の物々交換なのか、金本位制なのか、高度な通貨システムを構築しているのか、気になるところである。
なお、大戦時には既に獣人白金貨までは流通していたそうである。

また、獣人ギルを保有しているが、略奪の成果であったり、特にゴブリン族は通商の対価であったりと、そこそこの額が獣人側にも流れている。
ちなみにゴブリン以外の一部の獣人ギル決済OKである。
何に対してどのように使うのであろうか?

アトルガン貨幣

アトルガン皇国でも独自の経済体系で運用されており、アトルガン貨幣での決済は皇国内では盛んである。
為替レートは主にジュノ競売での現品取引による変動為替制である。

なお、商店では普通にギル決済が罷り通っている。
近東渡航初夜、多くの冒険者が、起こるであろうと危惧した金銭支払いトラブルの無縁さと、手にした現地貨幣の使い道の無さに驚愕したという。
今は昔の物語である。

ひんがしの国

ひんがしの国では「モン」という単位を持つ通貨ゼニ」が流通している。ただし、冒険者ひんがしの住民と交流する機会がないため、この通貨に直接触れる機会はない。

ただし、花鳥風月担当NPCのサンラク(Sanraku)は、色々なものをお金に換算することを好んでおり、冒険者花鳥風月の評価に「モン」を単位として用いていることから、プレイヤー花鳥風月を通じて間接的に接する機会がある。

関連項目

単位
*1
通貨がギルに統一された際にこれらの貨幣は廃棄されたが、裏世界であるデュナミスにて入手することができる。
競売所などの取引に使うことは出来ないが、別の用途にて需要がある
*2
貨幣に含まれる貴金属の価値に基づいて価格が決まっている可能性もあり、獣人が必ずしもこのレートで両替をしているとは限らない。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。