シャーマット(しゃーまっと/Shah Mat)
カトゥラエ族タビヤット)が使う特殊技の一つ。

名称範囲効果空蝉備考
シャーマット敵自身特殊(後述)貫通効果は前方視線判定

カトゥラエ族の中でも、タビヤットと呼ばれる白い個体のみが使用する。
この技を使用した敵の眼が青く光り、視線を合わせたPCフェイステラー死の宣告の効果を与える。
カトゥラエ族では同様の視線技はアフリクトゲイズがあるが、技の仕組みはむしろペイスト族グリムグラワーオプレッシブグレアに近い。
視線効果は一定時間が経過するか、弱点を突くことで解除される。

眼を合わせている限り死の宣告が続くが、同時にテラーも付加されるため動くことができず、自力で対応することができない。

シャーマットはペルシア語で「打ち負かされた王」の意味。
シャトランジにおける「王手」であり、「チェックメイト」の語源と言われている。

関連項目

タビヤット】【視線
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。