風の行方は(かぜのゆくえは/Whence Blows the Wind)
限界突破クエストの第3弾。→2003年04月15日のバージョンアップ実装された。

依頼者は、ル・ルデの庭大公私邸前(H-5)にいるマート(Maat)。発生条件は、クエストすべての高い山に登れ」をコンプリート済み、かつLv56以上であること。
オークの紋章」、
クゥダフの紋章」、
ヤグードの紋章」の3つを揃えて持ってくれば
次の限界を突破できるらしい。

ル・ルデの庭マート爺から受けられるレベルキャップを超えるためのクエストオークの紋章クゥダフの紋章ヤグードの紋章の3つの「だいじなもの」を集めてくる。それぞれ、以下の場所にある???調べることで取得可能。


コンプリート時には、報酬としてレベル上限が65まで引き上げられるほか、称号として「風来坊」が得られる。

限界突破クエスト
クエスト風の行方はクエスト
すべての高い山に登れ天かける雲のごとく

紋章集めについて

オズトロヤ城は、最奥に行くための扉を開けるのにソロだと難儀するが、他の2箇所は行き方を知っていればインスニを駆使してソロでも比較的簡単に遂行可能。見破り能力を持つNMの目をかいくぐる必要はあるが、現在では目標ポイントは相対的に難易度の低いロケーションに設定されている(後述)。*1
いずれについても、ソロで突破するためには三国ミッションをある程度進め、だいじなものを入手しておく必要がある。

ダボイ

ダボイから一旦修道窟に入って中央島側に抜け、Wall of Banishing(J-9)から奥修道へ行く。マップ北部に一方通行の段差があり、その直前の???調べることでオークの紋章が入手できる。入手後はそのまま段差を降りて北に進めばダボイに出られる。

なお、奥修道に行くには、ダボイ村の紋章とJ-8にいるセーダルゴジャル(Sedal-Godjal)からオファーされるサブイベントで手に入る「深紅のオーブ」(だいじなもの)が必要。持っている人に開けてもらっても入れる。
奥修道入り口でインビジをきって「深紅のオーブ」を使う必要があるが、手前にオークが3体おり、レベル60では丁度~やとても強そう~のため、ソロの場合隙を見てインビジをきる必要がある)
※判り難い書き方だが、厳密にはこの限界突破クエスト「風の行方」をクリアする為だけであれば、【ダボイ村の紋章】は不必要である
(【ダボイ村の紋章】がどうしても必要になるのは、例えば三国共通ミッション魔晶石を奪え】等であるので、倉庫キャラクターを低ランク(4以下)に留めたまま限界突破だけするのであれば、不要である)

見破り能力を持つNMは、奥修道中央の高台にポップする。インビジ等を掛けた上で距離を取り、高台を迂回するように移動すれば見つからず回避可能。

実装当初はこの高台のすぐ真横に???が配置されており、危険この上なかったが、後にレベル上げキャンプにも使われるような安全地帯に修正され、現在では3拠点中最も簡単になっている。

ベドー

ベドー入口から地下トンネルを抜け、上段を通って北東エリアへ、(K-6)で段差を降りて地下に入り、最深部のクゥルンの大伽藍を目指す。大伽藍の広間中央北側まで進んで、???調べることでクゥダフの紋章が入手できる。入手後は大伽藍の入口と反対の通路から段差を降りて進むとベドーに出られる。

最初の難関は、大伽藍の広間に入る手前の小部屋にいる聴覚遮断の見破り能力を持つRuby Quadav。広間に通じる扉から離れた瞬間を見計らって進む必要がある*2。なお、大伽藍の広間のドアを開けるには「漆黒のマチネー」「妖光の数珠」が必要。こちらのドアも誰かに開けてもらえば入れる。

広場内では前述のRuby Quadavに加えさらに格上Diamond QuadavAdaman Quadavポップする。実装当初は???の直近にあり、絡まれずに取ることがほぼ困難と言って良いほど危険極まりなかったが、出口寄りの場所に修正されたため、慎重に進めば見つからずに???にたどり着けるようになった。(遠回りして出口方面から近づけば、見破られない位置での取得が可能)
しかし高レベルのクゥダフが数多く蠢いておりやはり危険なことに変わりはない。

余談だが、この???フェローシップクエストのひとつ、心のシグナルでも訪れることになる。

オズトロヤ城

オズトロヤ城に入ったら、3箇所の部屋でパスワードを調べ落とし穴のある扉・ハンドル4つの扉を通過し、さらに最上階の松明を点けることで開く部屋に入る。パスワードを入力して落とし戸を開き下に落ちる。正面の台地の中央(両脇から登る一番高い場所ではない)にある???調べることでヤグードの紋章が入手できる。

なお、パスワードは3箇所のBrass Statueを調べると分かるのだが、その部屋を開けるには「ヤグードの松明」が必要となる。
このパスワードヴァナ日替わりで変化する他、比較的単純なパターンで構成されているため調べなくてもしらみつぶしに入力することで突破することができる。詳細は【オズトロヤ城】の項目を参照。

Lv60から見てハンドル部屋の敵は丁度~。松明のあるエリアは強~の敵がいるため、扉を開けるためにどうしてもインビジを切る必要のあるオズトロヤ城は、ソロでの挑戦をする場合3箇所のうちでもっとも難易度が高いかもしれない。
かつては点火→インビジ詠唱→扉にダッシュでは間に合わないことが多く、移動速度アップや詠唱短縮などの補助が必要だったが、2012年6月14日のバージョンアップで扉の開く時間が長くなり、敵に見つからずにインビジのかけ直しさえできれば楽に扉を通過できるようになった。

なお、基本的にヤグード視覚感知のみで嗅覚感知を持たないため、かくれるタゲを切ることができ、とんずらで移動時間を短縮できるシーフは比較的楽に暗号部屋へ入室できる。

実装当初は、穴を落ちたエリアの最上部に???が配置され、まさに玉座の目の前。たどり着くだけでも見破り級のNM数体が陣取る細道を駆け登らなければならないという、文字通りの死のロードであったが、現在ではYagudo High Priestが1体うろつくのみという、いくぶんマシな場所に修正されている。

ただし、見破り能力を持つNMには変わりなく、???近くの台地のあたりをウロつくため、離れた隙を狙って特攻する必要がある。

また、他の2カ所は一方通行の段差を降りることで元のエリアに戻れる*3が、オズトロヤ城ではパスワードの落とし穴に落ちた後徒歩で脱出するためには高レベルのヤグードが落とす裁きのカギが必要になる。
呪符デジョンデジョンリングなどの移動手段を忘れないようにしたい。

関連項目

すべての高い山に登れ】【天かける雲のごとく】【限界突破クエスト】【深紅のオーブ】【Maat】【Sedal-Godjal
*1
→2003/12/16バージョンアップにより、???の位置が変更されている。
*2
絡まれた場合は、エリアチェンジまで近いので後戻りすれば逃げ切れることも多いが、NMのためダメージを与えていてもイリュージョンは発生しない
*3
クゥルンの大伽藍は段差後すぐに出口となるが、修道窟は出口までにオークが数体配置されているため、絡まれた場合は出口まで逃げ切れない可能性がある。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。