風の行方は(かぜのゆくえは/Whence Blows the Wind)
限界突破クエストの第3弾。→2003年04月15日のバージョンアップ実装された。

依頼者は、ル・ルデの庭大公私邸前(H-5)にいるマート(Maat)。発生条件は、クエストすべての高い山に登れ」をコンプリート済み、かつLv56以上であること。
オークの紋章」、
クゥダフの紋章」、
ヤグードの紋章」の3つを揃えて持ってくれば
次の限界を突破できるらしい。

ル・ルデの庭マート爺から受けられるレベルキャップを超えるためのクエストオークの紋章クゥダフの紋章ヤグードの紋章を集めてくる。
それぞれ以下の場所にある???調べることで取得できる。なお???にたどり着くために4つのだいじなもの(深紅のオーブ,漆黒のマチネー,妖光の数珠,ヤグードの松明)が必要となる。


コンプリート時には、報酬としてレベル上限が65まで引き上げられるほか、称号として「風来坊」が得られる。

限界突破クエスト
クエスト風の行方はクエスト
すべての高い山に登れ天かける雲のごとく

紋章集めについて

クエストの内容は3か所の獣人拠点ダボイベドーオズトロヤ城)にある???から紋章を集めてくる。
紋章は各獣人拠点の最深部にあるうえに多様な仕掛けで塞がれており一筋縄ではたどり着けない。

最深部には見破り能力を持つレベル65を超える獣人の長や側近(NM)などがいる。
その中を見つからない様に進み紋章を入手しなければならない。
クエストのお題は簡素な内容だが限界突破クエストのなかで一番時間のかかるクエストといえるだろう。

2003/12/16のバージョンアップで紋章の位置が比較的安全な場所に変更された。
これにより最深部の見破りを持つNMの目をかいくぐる必要はあるが難易度は格段に下がった。

ダボイ

ダボイ(H-11)から修道窟に入り修道窟(I-8)からダボイ中央島に出る。
中央島から東の橋を渡り突き当りを南に行くと修道窟の入口(J-9)があるが、奥修道入口は結界で塞がれているため通過には深紅のオーブが必要となる。
ダボイ(J-8)にいるセーダルゴジャルSedal-Godjal)に結界を調べた後で話を聞くと協力してもらえる。
詳しくは深紅のオーブの記事を参照のこと。
(「深紅のオーブ」を持っている人に結界を通過させてもらうことも可能である。)

深紅のオーブを入手したら(J-9)にある結界(Wall of Banishing)を通って奥修道へ入る。
Wall of Banishingを調べると「深紅のオーブ」をかざすかどうかの選択肢がでるので「はい」を選ぶと通過できる*1
結界の手前にはレベル60からみておなつよ2体、とてつよ1体のオークが配置されている。
今までは隙を見てインビジを切り結界を選択する手法がとられていたが、フェイス実装後の現在は倒してもよい。
ただ場所が狭く、3体同時の相手になりやすいので注意すること。

奥修道の広場を左手壁沿いに(J-6テンキー1)進むと北へ抜ける通路の段差手前に???がある。
???調べることでオークの紋章を入手できる。
入手前に段差を降りてしまうと戻れずにやり直しとなるので注意すること。
入手後はそのまま段差を降りて道なりに進めばダボイ(K-7)に出られるがオークがいるのでデジョンで帰る方が安全で早い。

奥修道の広場には視覚遮断見破り能力を持つNMが2体(Orcish Hexspinner,Orcish Warlord 20分間隔POP)いる。
運が悪いともう1体(Orcish OverlordまたはOverlord Bakgodek 約21~24時間間隔POP)いる。
奥修道がひらけた場所にある高台(J-7テンキー2,5付近)にPOPする。
インビジを掛けた上で距離を取り、高台を迂回するように移動すれば見つからず回避可能。
左の壁にそって???まで進めばまず回避できる*2
奥修道オークはレベル60からみてとてとての敵ばかりであるが、フェイスの構成次第では1体ずつなら撃破も可能*3

ベドー

前提として漆黒のマチネー」,「妖光の数珠を所持していることが必要である。
ソロで未所持の場合は「魔晶石を奪え」のベドー編を参照し入手する。

○攻略


  • 目的地(???)の部屋
    扉を抜けて通路を少し進むと中央に水たまりがある大きな空間(中枢)がある。
    中央一帯に水たまりがあり、手前側と奥側が岸となっている構造である。
    中枢内では聴覚遮断見破りNMが2体(Ruby Quadav,Adaman Quadav 約20分間隔POP)おり、
    運が悪いともう1体(Diamond QuadavまたはZa'Dha Adamantking 約21~24時間間隔POP)いる。
    他にも聴覚遮断を見破らないが強いクゥダフが5~6体は岸をうろついている状況となっている。
    これらのNMは空間の入口からみて水たまり帯の右奥側に固まっていることが多い。
    目的の???は空間の入口からみて奥側の岸の中央部*6に配置されている。

    スニークをかけた上で入口から段差を下りて左側の壁沿いに進み、それから???に近づけば比較的安全に取得可能である*7
    ただし間違って出口の段差を降りてしまわないように!

    取得後は空間の入口からみて左奥(I-7テンキー6)に段差があり、その段差を降りれば地上に戻れる。
    もちろんデジョン等で脱出してもよい。
    またフェイス実装後の現在、高レベルといっても通常のクゥダフは1体ずつ相手にできれば倒すことは可能ではある。
    しかしながらNMは固まっていて1体ずつ相手すること自体が難しい上にレベル60時点では堅いためやり過ごしたほうが無難だろう*8

オズトロヤ城

前提としてヤグードの松明を所持していること。これがないと燭台に灯りをつけれず、暗号部屋の扉や4階の扉を開くことができない。
なおすでに「ヤグードの松明」所持している他PCに灯りをつけてもらい、扉を通過することも出来る。
ヤグード視覚感知のみであるので通常のヤグードインビジで絡まれない。

また注意をしなければならない点として、正しいレバーおよび暗号組み合わせの仕掛けはヴァナ0時越えで更新されるという点である。
ヴァナ0時越えてから早々にオズトロヤ城に出向いたほうが無難である。
最悪仕掛けがリセットされた場合、戻って再確認しなくても総当たりで突破する力業での対応も可能である。
総当たりの詳細はオズトロヤ城仕掛けの項目を参照のこと。

〇攻略
  • 1階
    入城したら、暗号部屋(H-9テンキー9)に行き、1つめの暗号を調べ覚える。扉はどちらかの燭台(Torch Stand)に灯りをつければ開く。
    レバーをひくと開くか、落とし穴に落ちる扉(I-8テンキー3)を通過し2階へ上がる。
    レバーはレバー間の中央に立てば選択できる。落とし穴はレバー操作後、素早くその場から後ろなどに退避することで回避できる*9

  • 2階
    (I-10)に向かい隠し扉の先にある隠し部屋に入る。4本のレバーの上下の組み合わせを覚える。
    次に暗号部屋(I-8テンキー7)に向かい、3つめの暗号を調べ覚える。
    (G-8)にいき、そこの4本のレバーの上下の組み合わせを先ほどの隠し部屋の組み合わせに合わせると、扉が開き3階に上がる。
    なお(G-8)の扉の奥からレベル60でもヤグード絡まれるようになるので、扉解放後インビジを詠唱したほうがよいだろう。

  • 3階
    道なりに素通り。

  • 4階
    MAPの4隅、(G-7)or(G-8)or(H-7)or(H-8)にあるいづれかひとつの燭台(Torch Stand)に灯りをつけると(H-7テンキー1)の扉が開く*10
    燭台に灯りをつける際にインビジを切って燭台を選択する必要がある。4階はLv60から見てとてつよまたはとてとてヤグードとなり、
    今までは隙をみて灯りをつける手法であったが、フェイス実装後の現在は倒してしまったほうがよいだろう。
    (H-7テンキー1)の扉奥の部屋で暗号を入力する装置があるので、3つの暗号を入力して正解すれば落とし穴が開き下に落ちる。
    道中では3つのうち2つの暗号までしか調べられず、2つめの暗号は地下(MAP[1]H-9テンキー3)にあり、実際に確認しにいくと遠回りになる。
    しかし実はこの暗号、順番は関係なく3つの暗号を順不同に正しく入力すれば落とし穴が開く寸法となっている。
    従って道中で確認した2つの暗号を除く、8個の暗号を下記からしらみつぶしにまず入力し、正解となれば残りの2つを入力という方法で突破できる。
    なお、先頭文字は『大文字』で入力すること
    ○暗号一覧
 Deggi / Haqa / Mjuu / Puqu / Ouzi / Duzu / Gadu / Mong / Buxu / Xicu


〇最深部からの脱出について
オズトロヤ城では最深部から徒歩で脱出するためには高レベルのヤグード(Yagudo Flagellant)が落とす裁きのカギが必要になる。
入手したら???の先にある扉(Brass Door)に裁きのカギトレードすることで2階(MAP[3])に脱出できる。
裁きのカギドロップが割り合い渋く、デジョンデジョンリングなどで戻るほうがはるかに楽なので、デジョン等の脱出手段を用意しておいたほうがよい。
死にデジョンという手もある。

関連項目

すべての高い山に登れ】【天かける雲のごとく】【限界突破クエスト】【深紅のオーブ】【Maat】【Sedal-Godjal
*1
オーブの持つ反結界作用により、結界通過が可能になっています。」というログが出たら通過できる。
*2
実装当初はこの高台のすぐ真横に???が配置されており危険この上なかったが、現在では3拠点中最も簡単になっている
*3
Overlord Bakgodekは除く
*4
絡まれた場合は、エリアチェンジまで近いので後戻りすれば逃げ切れることも多いが、NMのためダメージを与えていてもイリュージョンは発生しない
*5
2つのだいじなものを所持済の他PCに扉を開けてもらえば、自分が所持していなくても通過できる。
*6
MAPの座標でいうと(I-6)と(I-7)の境界付近。
*7
実装当初は???NMの直近にあり、絡まれずに取ることがほぼ困難と言って良いほど危険極まりなかったが、出口寄りの場所に修正されたため、慎重に進めば見つからずに???にたどり着けるようになった。
*8
構成によるが一例としてレベル60でNM1体ずつならシャントットIIでMBを繰り返せば討伐可能。ただし亀神ことZa'Dha Adamantkingは除く
*9
落とし穴に落ちたら、その部屋の八角形の蓋をあけてさらに下におり、そこから中庭を経由し1階に戻ってこれる
*10
かつては点火→インビジ詠唱→扉にダッシュでは間に合わないことが多かったが、2012年6月14日より扉の開く時間が長くなり、楽に扉を通過できるようになった
*11
両脇から登る一番高い場所ではない
*12
実装当初は、最深部の最上部玉座の目の前に???が配置され、見破り能力持ちのNM数体が陣取るなか入手しなければならないという、文字通りの死のロードであった
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。