死にデジョン(しにでじょん)
戦闘不能状態になると、ホームポイント(HP)に戻されることを利用した荒技。黒魔法デジョン」と同じ効果が得られることからついた名前。「デジョンIV」「D4」と呼ばれることも。

死にデジョンを利用したHPへの帰還には、大きく分けて以下の2通りのパターンがある。いずれも故意に戦闘不能になることで帰還する。

  1. 経験値ロストが生じないLv30以下*1ジョブジョブチェンジして行う。三国周辺や、レベル上げ狩場テレポイントから近い街*2の近隣エリアなどで行われることが多い。黒魔道士を育てておらずデジョンを使えないプレイヤーにとってはお手軽な手段である。
  2. 経験値ロストを前提に、迅速にHPに戻るために行う。急用で時間が惜しい、HPが近いのでレイズ&衰弱を待つより帰ったほうが早い、最寄の街まで遠いので帰るのが面倒、など事情は様々。経験値ロストに伴うレベルダウンに留意する必要がある。

忍者SPアビリティ微塵がくれ」をホームポイントに戻るために意図的に使用することも死にデジョンの一種である。こちらは微塵デジョンの語呂合わせから「ミジョン」、微塵の『み』と数字の3の語呂合わせから「デジョンIII」の通称がある。

アビセア実装以降は経験値稼ぎが非常に楽になった事から*3死にデジョン程度の経験値ロストは容易に回復できることを見越して手軽な帰還手段として利用する者もいた。しかし、アビセアでの活動に黒またはサポ黒がいないことはレアケース、白・サポ白さえいればテレポヴァズからのアウトポスト利用、テレポからの平安一路の章チョコボ・徒歩、何より低コストとなった呪符デジョンリキャストが大幅に短縮されたテレポピアス等の豊富な瞬間移動手段によりその必要性は薄れている。

また、PC戦闘不能シグネットエリアにおいては戦闘不能コンクェストの結果にマイナスとなるなど*4エリアリージョンに悪影響をもたらすことにも配慮が必要となる。

死にデジョンに慣れすぎると、戦闘不能とほぼ同時に[ホームポイントに戻る]を選ぶ操作が癖になり、パーティー中などでもうっかり発動させてしまう場合があるので要注意。

ハマリ状態からの脱出

主だった使い方ではないが、移動魔法等の手段がなく、他人の力を借りることもできない場合、死にデジョンをしなければ帰還できないケースも存在する。



  • ラ・カザナル宮外郭下層(実装時)
    開発中は脱出ルートがあったが、実装時にはある理由(原文まま)により封鎖され、戻り道がなくなってしまった。その後、脱出手段が追加されたことで、死にデジョン回避できるようになった。

関連項目

デジョン】【デジョンIV】【ミジョン
*1
2011年5月10日のバージョンアップ以前はLv3。
*2
ラバオノーグカザムなどが定番。
*3
特にアビセアエリアでは癒しのジェイドにより大幅に経験値ロストを抑えられる。
*4
Lv5以下のプレイヤー戦闘不能コンクェストに影響しない。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。