Taisaijin(たいさいじん/Taisaijin)
ラングモント峠に出現するヘクトアイズ族NM。レベルは60に該当する。

Taisaijin

出現条件

ラングモント峠(H-9)*1に生息するTaisaiを19~36時間狩らずに放置すると、3匹のうち1匹がTaisaijinに変化する。該当のTaisai広域スキャンで見た際に一番下に表示されている。青魔道士実装以降、デスレイラーニングに手頃な相手なのでよく狩られてしまい、なかなか生き残ることが難しくなっているようだ。

特徴

当初はその存在が疑問視されており、Taisaiお得意のネタではないかという噂もあったが、Taisaijinは実在する。いわばユーザーコラボ型の楽屋落ちNMといったところだろうか。

なお、その能力はブレイズスパイクを多用するなど、ヘクトアイズモンスターに準拠しており、ダブルアタックがある以外は物理攻撃も痛くはない。ただし、フラッドフレアバーストなどの古代魔法エアロガIIIなどガIII系を詠唱してくるのでこれらが脅威となる。Taisaijinがいることに気付かず通過しようとした冒険者は、漏れなくこの洗礼を浴びる。そして、(当然といえば当然であるが)Taisaijin自らがリフレシュを使う。

基本的な強さは通常のNMの域に留まっており、魔法対策が取れる(サイレススリプル回復空蝉など)ジョブならばLv75ソロで問題なく撃破できる。それ以外のジョブであれば、お手伝いフェロー、もしくは薬品食事など万全の用意をして挑みたい。
最近はナイズル島踏査指令に少なからず出現している模様で、単に見るだけであればこちらのほうが簡単かもしれない。なお、???ヘッドウェアを落す。

経緯

もともと、「峠のTaisaiが○○を落とした」というネタは、レイズII導入時*2に端を発し、以後リフレシュバージョンアップで有用なアイテムが追加されるたびに、匿名掲示板でジョークとして愛用されてきた。詳しくは「Taisai」の項を参照されたい。

従って、2005年7月19日のバージョンアップで(解析等により)「Taisaijin」なるNMや「さよなら太歳」なる称号の追加が判明した際にも、最初は「いつものネタだろw」という意見が多くを占め、その後、Taisaijinとの戦闘報告が続々と行われても、なお信じようとしない匿名掲示板住民が多数いたほどである。

開発陣にまで公式に認められたTaisai伝説は、Taisaijinの登場により幕を引くことに・・・いや、今後は「峠のTaisaijinが○○を落とした」というネタに引き継がれ、サービス終了まで語り継がれるのかも知れない。

戦利品

Taisaijinに遭遇し、勝利を収めた暁には「さよなら太歳」の称号を得られるほか、今度こそ本当にリフレシュが手に入る(100%ドロップではない)。*3何をいまさらと憤るのは無粋というものであり、開発陣の(稀に見る?)粋な計らいにニヤリと笑ってさらなるネタにしてやるのが「お約束」であろう。

ちなみに、レアドロップとして、名前と性能を見ても元ネタは間違いなく「アレ」だと思わせる「スペランカーハット」まで落とすというニクイ演出ぶりだったりする。

もちろん「アレ」と言うのは、言わずもがな、超虚弱体質の主人公が(無謀にも)洞窟を探検するファミコンゲーム「スペランカー」の事である。

また2011年の個人ブログの情報によるとリフレシュIIがドロップされるようになっている模様。

出典

「太歳神」は中国の道教に伝わる木星の精といわれ、四季の万物の成長を見守る吉神。その年の十二支の方角と同方位に位置する(例えば子の年は北)。この方向に向かってことを行なえば万事吉だが、木の精のため、木を伐採するのは凶であるという。

また、祟り神としての面も持ち、その際はブヨブヨした肉の塊で、幾千もの目を持つという不気味な姿で描かれる。土木工事などで地中から掘り出されると、関係者に災難が降りかかると言われている。

なお、太歳=木星の意味であるため、称号の「さよなら太歳」は小松左京作のSF映画・小説「さよならジュピター」とかけていると思われる。
また、京極夏彦の小説「塗仏の宴」では、「肉人(にくじん)」「封(ほう)」「視肉(しにく)」「白澤(はくたく)」という特徴の似通った妖怪について語られている。

関連項目

ラングモント峠】【ヘクトアイズ族】【スペランカーハット】【リフレシュ】【Taisai
Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
配置変更前は(G-5)だった。
*2
リフレシュが有名であるが、発端はレイズIIである。
*3
残念ながらレイズIIは落とさない
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。