ハウリングムーン(はうりんぐむーん/Howling Moon)
召喚獣フェンリル召喚中に使用できる契約の履行:幻術の一つで究極履行
アストラルフロウ時のみ履行可能。
最低必要MP:レベル×2MP。全魔力を使って範囲内の敵に闇属性ダメージ

修得Lv1、消費MPは残MP全て(最低Lv×2MPが必要)。修正項目:INT。全魔力を使って闇属性範囲攻撃を行う。

維持しやすいフェンリル究極履行で、相手がデーモンアンデッドでない限り耐性を持つ敵が殆どいないため大抵の場面で使っていける技。
ただし各敵の弱点属性を突いたほうがレジストの可能性は低くなるゆえ、万能と言うわけではない。BestではないがBetterな技というところか。

Fenrir Prime

クエスト月の導き」ではフェンリルが倒すべき相手「Fenrir Primne」として登場する。

バ系が対応していない闇属性ということもあり、軽減し難い技であるためこれの対処に四苦八苦した人も多い事だろう。…が、発動までにディレイがあり、スタンで阻止可能である。

このプライムが放つハウリングムーンの効果範囲はかなり広い。具体的には満月の泉のくの字の通路の角で発動したと仮定した場合に入り口の構造物の上か後ろ側程度にまで避難しなければダメージを受けるほど。また、敵側が使うハウリングムーンにはPC側の履行にはないSTRダウンが付いており、その点でも本家の方が性能が上になっている。

Lv75キャップ時代はこの技をいかにスタンで阻止するかが攻略の肝となっていた。

FFシリーズにおけるハウリングムーン

旧作ではFF6で「味方全員に分身」、FF7で「自身にバーサク+ヘイスト+攻撃力アップ」という、攻撃ではなく補助に属する技であった。

関連項目

アストラルフロウ】【究極履行】【契約の履行
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。