Gadalar/ネタ(がだらるねた)
Gadalarに関連するネタの一覧。


炎蛇将言行録

平時

  • 魔笛あり
    貴様、傭兵か……。
    ……気に入らんな。
    貴様ら、傭兵の多くは金でのみ動く。
    金でのみ動くやつは、金で裏切る……。
  • アトルガンクエスト炎熾す鎌コンプリート
    チッ、貴様か。
    傭兵は好かぬ……寄るな。
    だが[YourName]。
    ……貴様の力だけは認めてやる。
  • 魔笛なし
    畜生、畜生、畜生……。
    よりによって魔笛を失するとはッ!
    能無しの皇国兵どもめ!役立たずの傭兵どもめッ!
    んっ?そこの傭兵ッ!
    さっきから、なにをぼけっと突っ立ってる?
    さっさと魔笛を取り返しに行ってこいッ!!

ビシージ

  • 開戦時 2006.10.18以前
    皇国の興廃は、
    この一戦で決まる。
    者共、死ね!死中に活を求めるのだ!
  • 開戦時 2006.10.19以後
    皇国の興廃……
    この一戦で決するッ!
    屍は俺が拾ってやる。
    ものども、安心して死ねッ!*1
  • 終結時 2006.10.18以前
    ちッ、撤退しやがったか……
    者共、早速、追撃戦の準備にかかれ。
    奴らに安住の地など、
    どこにもないことを教えてやるのだ!
  • 終結時 2006.10.19以後
    おのれッ、
    撤退しやがったか……。
    ものども、追撃戦にかかれ。
    安住の地など無いことを
    奴らに教えてやるのだッ!
  • WS発動時
    ハハハッ、ウジ虫めッ!
    もがけッ、うめけッ、のたうちまわれッ!!
  • 必殺技「サラマンダーフレイム」発動時
    クズどもめがッ!
    まとめて灰にしてやるッ!!!
  • 魔力の泉発動時
    フォオオォォォォオ~ッ!
    みなぎるッ。みなぎってきたゾ~ッ!!!
    もう、ナンピトも俺サマを止めらんねぇぜェ!?

捕虜

  • マムーク
    くそっ!
    たかが、トカゲごときに……。
    このガダラル、一生の不覚だ……。
  • ハルブーン
    畜生、畜生、畜生、畜生ッ!
    ぼんくらトロールどもめッ!
    ここから出たら、皆殺しにしてやる……。
  • アラパゴ暗礁域
    貴様、アンデッドかッ!?
    さっさと俺をここから出さねェと、
    蛇女をロープ代わりにして縛りあげるぞっ!
  • 救出
    …………。
    ぬっ、礼は言わぬぞ。
    だが、貴様の名は覚えておこう。

救出後(アルザビ)

[自分自身の名前]か?
受け取れ。
貴様らが好きなものだ……。

付き人Shayadar言行録

平時

あのお方は、
我が軍の英雄、五蛇将がひとり、
炎蛇将のガダラル(Gadalar)さまだ。
東部戦線では、敵から
羅刹と恐れられた猛将であられる。
近づかない方が、身のためだぞ。

Gadalar捕虜

聞いてくれ……。
以前、皇都で激しい市街戦が行われた折、
なんと、炎蛇将ガダラル(Gadalar)さまが
消息を絶たれてしまったのだ……。
衆寡敵せずというが、いかに
勇名馳せても、武名轟かせても、
案外、最期はあっけないものよ……。

五蛇将以前

魔滅隊を率い、東部戦線に居た。
当時のいでたちはイギト装束メインとしている為、若干今の「真紅」なイメージとは異なる。中身は……今とどこが違うの?と言った感じである。
はは~ッ!
死ねッ! 死ねッ! 死ねッ!
ファ・イ・ガ~ッ!!!!!
俺サマのサラマンダーフレイムを見て
腰を抜かすんじゃねぇぜ*2

らせつw

炎蛇将ガダラル(Gadalar)は、その苛烈な戦いぶりから敵側から「羅刹」とあだ名されている。

現実世界における「羅刹」とは、ヒンドゥー教の鬼神ラクサーシャを仏教が取り入れたものであり、その長は羅刹天と呼ばれ破壊と滅亡を司る一方、法華経信者の守護神ともされる。そのため、破壊者、殺戮者、人食い鬼などを指す呼称として使われることが多い。

・・・しかしながら、確かにガダラルの戦いぶりは「破壊的行動」には違いないものの、一撃では倒せない相手(それも圧倒的多数)にガ系魔法をぶっ放す、プークトルネド関羽魔法攻撃など人工無脳状態であり、どう見ても「破壊者」ではなく「破壊される側」、「殺戮者」ではなく「殺戮される側」、「人食い鬼」ではなく「MPスポンジ」と化しているのが現実である*3
よって、嘲笑を込めて「らせつw」と呼ばれるようになった。

がだらー

ビシージ防衛戦で、炎蛇将ガダラル(Gadalar)を護衛する熱狂的なファンプレイヤーの事。
ビシージ終了後にガダラルが勝ち鬨を上げることを夢見て頑張っている人もおり、ビシージ中にガダラルが倒されると哀悼のシャウト飛ぶことも。

あたかも炎蛇将の個人名に英語の語尾-erをつけたような語感だが、実際は適当に語幹部分を抽出しているという投げやりさと、あまつさえ平仮名で表記されるあたり、炎蛇将に対する「どうでもよさ」と「愛情」のアンビバレンスを感じとれる。

ビシージという実益の絡む勝敗の場に関係することもあり、こういった実利を旨としない特定の美意識なり偏愛なりを貫こうとする行動は、賞賛されることもある一方で非難を受ける可能性のあることも覚悟しておくべきであろう。

ツンバカ

暴れん坊将軍
お前達を信用していないオーラを常に醸し出して”ツンツン”しており、ビシージになると敵の集団にガ系を撃って一瞬で戦闘不能になるなど、”おバカ”な挙動をすることから「普段はツンツン、ビシージではおバカ」を略してこう呼ばれる事もある*4

その護衛の困難さから真っ先に敵に捕らわれることも多いが、ワールドによっては熱狂的なファンが常に付き添い手厚い護衛をしているため、最後まで生き残ることもあるようだ。
とはいえ、襲い来る圧倒的な量の獣人軍ガ系黒魔法で猛然とタゲ取りするため、最も頻繁に戦闘不能になる五蛇将の一人であることに変わりはない。

やわらか将軍

将軍の中で最もビシージ中に撃沈しやすく、ガダラル=やわらかい黒魔のくせにヒャッホーイして戦闘不能になる−−という認識のところに、Flashアニメの「やわらか戦車」とかけたネタが持ち込まれたため、広まることとなった。しかし、ひたすら退却して生きのびるやわらか戦車とは全く正反対な行動である。
NPC防御力HPにどれほど違いがあるのかはよく判ってはいないが、同じく重防御とはほど遠いはずのナジュリスがこう呼ばれて「いない」ところをみるに、いかに彼に「やわらか将軍」と呼称されるエッセンスが凝縮されているかが窺い知れる。

ガダラルファンの本拠、ネ実の「炎蛇将ガダラルを愛でるスレ」発祥。
ネタによるFlashも作られている。
歌詞

やわらか将軍の心はひとつ、ブレイズスパイクショックスパイク
胸に刻むは墨魔魂、生まれてこのかた鎌使い
ザザのかかとほどにもかたくない(金で動くやつは、金で裏切るー!)
3日一度トロルにさらわれる(畜生ーッ!)
やわらか将軍、やわらか将軍、他の追随を許さぬバカさ
指先でつつかれたら、そこから らせつw

なお、本家と某MMORPGのコラボレーションによって、公認「やわらか将軍」が登場している。
→『信長の野望 Online』やわらか将軍

スパイク体操

炎蛇将ガダラルビシージにおけるスパイク回しを指す俗称。ビシージ開始後、敵が押し寄せるまでスパイク系魔法を延々繰り返し唱えている状態を指す。

こと戦闘になると範囲攻撃で敵のタゲを集めまくってそのまま死んだり、プークに風系魔法を打ち込んで猛烈に回復させたりと、とにかく足引っ張りまくりな御仁に対して、待機時の平穏さを皮肉交じりに表現する際に使われる模様。『敵が来てもそのまま体操だけしててくれ』といった心の叫びも内包してるとか。

「がだらるwは今日も元気にスキル上げしてますw」といったシャウトが聞かれることもある。確かに言われてみればスキル上げにしか見えない。迷惑極まりないので、スキル上げは人がいないところでするべきである。いくららせつwと言えども。

ガダラルの担当エリア競売所であり、蛮族皇都に入り込んだ場合はまずザザーグ担当エリアを越えなければならない。また、蛮族の目的は魔笛なので進行ルートとなる大通りにはルガジーンが担当している。ザザーグを超えて魔笛へ向かう場合、次はナジュリスの担当エリアとなる。
そう考えるとガダラルは一番安全なエリアを任されている(仲間から信頼されていない)と言えよう。

/tell Gadalar 余計な事はせずにスパイク体操だけしててくれ。

679 名前:既にその名前は使われています
マムが来てたけど 
ずっとスパイク体操してたuchiの鯖のらせつw 

  炎蛇将ガダラルを愛でるスレ8 より

「今日も一日平和でしたとさ」といったところか。
あやかって、ガダラルの横でスパイク体操に興じるファンも居たりとか。

もっとも、蛮族軍のレベルが上がるとそんな悠長なことも言っていられなくなるのが昨今のビシージ。各将軍の待機エリアに直接送り込まれる特殊部隊を片づけたと思ったら、チョコボエリアの乱戦を突破した(あるいはPCに引っぱられた)敵がなだれ込んでくることもままある。魔笛炎蛇将の平穏のためにも、競売エリア直前で食い止めたいものである。

その他

五蛇将の過去に触れる連続クエストの序章「天駆ける剣」では、
ファ・イ・ガ~ッ!!!!!

などとのたまってみたり*5、「水和ぐ盾」では周りの状況を見ずに強力な魔法を唱えようとしていたので、状況判断力に欠けているようである。
その為、ナジュリス鏑矢をターバンに突き刺され静寂状態にされたこともあり、その後矢が刺さった静寂状態のままでやりとりを行ったり*6と、普段のツンツンオーラとは凄まじくかけ離れた横顔を魅せてくれる。

どうやらスクエニも彼のことをネタキャラだと公認したようである。

天駆ける剣」の中で、『部下を信用していないで突き放す行為には、部下を守る意図があるのでは』という旨のルガジーンのフォローがあるのだが・・・この真相は「炎熾す鎌」で確認して頂きたい。

また、他の五蛇将クエストが次々と実装される中、彼のクエストは遅々として登場せず多くの冒険者をヤキモキさせたがヴァナ★フェス2008にて
おいおい。
ファリワリの野郎はいつ頃、
話を聞きにきやがるんだッ!?
― アルザビ在住 炎蛇将ガダラルさん

という苦情が開発陣に投げかけられ(一応話を聞きには来ているのだが、その結末は・・・)、次のバージョンアップにて追加されるとの回答通り→2008年12月9日のバージョンアップにて彼のクエストが追加された。

ガダラル英雄叙事詩

ゴーゴー
ゴゴン・ゴ・ゴ~ゴ~♪
ゴーゴー
ゴゴン・ゴ・ゴ~ゴゴ~ッ♪

揺らめく、炎の♪
なかに立つ~♪
熱き魔神♪
ボクらの、ガダラル~♪

背に負う鎌は
悪を断つため~♪
クロスリーパー!」*7

魔法の炎は
愛を燃やすため~♪
サラマンダーフレイム!」

爆裂!爆轟!大爆走~♪
すべてを燃やすぜ♪
オレは、ガ・ダ・ラ・ル~ッ!!♪



作詞:ファリワリ、作曲:ファリワリ、歌:ファリワリ、演出:らせつw

関連項目

Gadalar】【ビシージ】【ツンデレ】【スパイク系
Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
恐らく元ネタとなっているのは、日本海軍でのZ旗の意味・・・日露戦争で「三笠」に掲げられた際の 『皇国ノ興廃此ノ一戦ニ在リ、各員一層奮励努力セヨ』 若しくは太平洋戦争で「赤城」に掲げられた際の 『皇国ノ興廃繋リテ此ノ一戦ニ在リ、粉骨砕身各員其ノ任ヲ全フセヨ』 であると思われる。
*2
大車輪」参照。
*3
ガダラルの(ささやかな)名誉の為に言っておくが、アトルガンクエスト天駆ける剣」で、ガダラルの「羅刹」っぷりを一応見ることができる。
*4
なお、ツンバカという言葉自体は2chニュー速VIP板の「新ジャンル」シリーズのスレッドが初出。
*5
敵陣の中、孤軍奮闘している本人にとってはかなり必死なのだろうが・・・。
*6
静寂状態なので喋れない・・・口パクで抗議している様は見ていて笑える。
*7
こう歌われているが実際の彼はクロスリーパーを使うことはできない。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。