クラボエール男爵警護(くらぼえーるだんしゃくけいご/Escort Professor Clavauert)
ルジャワン霊窟/アズーフ島監視哨で行われる上等傭兵アサルト
ルジャワンの永久凍土より発見された、氷漬けの毛長マーリドを調査するため、
世界的に高名な動物学者クラボエール男爵が調査に来られる。
アサルト要員は男爵を警護。我が国の威信にかけて無事に現場まで送り届けよ。

作戦領域:ルジャワン霊窟
作戦目標:男爵を発掘現場まで護送
募集要員:レベル60 1~6人
作戦戦績:3,300
戦闘有無:有り(状況による)

内容

Clavauert
アサルトエリアに突入すると、スタート地点すぐに護衛対象であるクラボエール男爵がいる。近付くと男爵が探索を始める。この男爵を、アンデッドが大量に徘徊するエリアのなかゴールまで無事に送り届けることが目的である。

このアサルトの最大の特徴は、バストゥーククエストひとりでできる?」のKenと同じく、護衛対象者がPCのコントロールを受け付けないという点にある。骨やらゴーストに殴られまくり、ガ系魔法を立て続けに食らいつつも一切動じず、平然とゴールを目指してしまう。クラボエールが死んでしまうと失敗扱いとなる。

エリア内には、スケルトンブフートが計16匹いる*1ブフート感知範囲はかなり広い。男爵を護衛しながら進むと(I-8)にゴールが沸く

攻略方法

Lv99(アイテムレベル)時代

ソロでもクリア可能。火力があるジョブであればクラボエール男爵に絡みそうなモンスターを倒していくだけで良い。中衛後衛であっても、ターゲットを自身に向けさせつつ倒しながら進んでいけば良い。

なおスタート地点の細い所に男爵がいるが、ぎりぎり端を通れば男爵が反応をしない。先にエリア内の敵を殲滅してから移動開始させれば、悠々散策させることができるので、(I-8)のゴール地点で待っていればよい。

Lv75キャップ時代

大きく分けて4つの方法がある。

その1は男爵の通るルートに依存しモンクといった特効持ちジョブを必要とする。
その2、その3は実装初期のクラボエール男爵HPが非常に高く設定されていた時期に生まれた戦法であり、修正された現在の仕様とは相性が悪い。

というわけでその4が最も堅い戦法である。
もしモンスタークラボエール男爵に絡んでしまった場合も寝かせて放置は可能。寝ている間にクラボエール男爵が十分に距離を取ってくれればそのままタゲは外れる。
ただしクラボエール男爵の移動距離は運任せになるので、十分引き離せずに寝かせている敵の数が増えるようであれば適宜掃除することも視野に入れておくとより安定するだろう。

以上戦法の説明が長いのでややこしく思うかもしれないが、実際のところ難易度は高くない。
集まったジョブに応じて、その1か4の方法を取ることによって、それほど苦も無くクリア可能。

注意点は念のためいずれの戦法で行くにしろクラボエール男爵プロシェルをかけておくとよいといった程度。

目先のモンスターに気を取られすぎてクラボエール男爵を一人にしてしまったり、タイミング悪く複数のお化けに強力な魔法を連続で叩き込まれたりといった明らかな失策やよほどの不運がない限りは失敗することはないだろう。

関連項目

アサルト】【Clavauert
Copyright (C) 2002-2012 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
よって、エミネンス・レコードクエストの「アンデッドを倒せ」に使えないこともないが、1回での達成は残念ながら不可能である。
*2
夜ならば移動速度+25%を利用して、あるマップを延々と周り続けることで一撃も食らわず逃げる事も可能。また、うまく逃げればターゲットが完全に切れるため、5~6体の敵にディアガをかまして逃げることで、男爵に再度絡むことがない敵をマップに再配置出来る。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。