(おとり)
一般的には人(仲間)を誘い寄せるために使う人や物の意。

FFXIプレイヤーの間では、主に大量にリンクする敵を少しずつ倒したり、倒したい敵だけを引き抜くための戦術の一種を指す。

サルベージや仕様変更前のデュナミスなどで使われることが多かった。

手順

  1. 囮役が敵を釣り、遠くまで逃げる。
  2. 釣り役リンクした敵の一群から所望の敵を引き抜く
  3. 囮は本隊から離れたところで死ぬ。
    ダンジョン等では、抜いた後にかくれるタゲを切るという方法もある。

囮役回避が高く、とんずらも使えるシーフが適しているが、パウダーブーツを用意するなど準備をすれば特にジョブは問わない。最も必要なのは本人のやる気である。

囮役が死なないように敵を引きつけ続けた場合も元々の意味からすれば囮の一種なのだが、この場合はマラソンと呼ばれ、囮戦術とは区別される傾向にある。

注意点



  • 囮役はほぼ確実に死ぬ(≒経験値ロストする)ため、何らかのフォローがなければ引き受け手がいなくなることがある。

関連項目

リンク】【マラソン】【ペット釣り
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。