口の院(くちのいん/Orastery)
ウィンダス港に存在するウィンダスの軍事機関。旧呼称は「公共魔法練習場」。いわゆる五院のうちの一つ。

院長アジドマルジド、前院長シャントット

口の院」の名は、「魔戦士魔法を『口』で唱える大音声が、いつも院の外まで響いている」ことに由来する。ちなみに、初代院長はコンツオロンツ。

ウィンダス連邦軍の主力である戦闘魔導団が常に訓練を積んでいる。クリスタル戦争で多くの優秀な魔道士を失って以来、急ピッチで若手育成を進めているものの、未だ本格的な戦いに耐えうる兵力を整えるには到っていない。

実戦を期待する若手もいれば、兵力・経験不足の現状から戦争が起ることを危惧するベテラン、怪しい研究を25年も続ける変人もいる。各士団で予算の使い方で揉めているという話もある。
シャントット院長によると、口の院傭兵になれば死ぬまで最強の装備を身につけられるらしい*1


不定期に元老院によって借り上げられ、元老院議場として利用されることもある。

院長であるアジドマルジド星の神子に背くような行動を取っているが、院内ではその真意を知っているのか彼の行動を黙認しているように見受けられる(単に誰も逆らえないだけなのかも知れないが)。

Orastery.jpg

関連項目

Ajido-Marujido】【口の院の悲劇】【耳の院】【目の院】【鼻の院】【手の院
*1
「もっとも、死なないと脱げない装備なんですけれども。」
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。