アルタナ信仰(あるたなしんこう)
ヴァナ・ディールにおける宗教の一形態。
暁の女神アルタナを信仰し、楽園への導きを求めるのが主な教義である。
ゲーム中では「アルタナ教」という表記も見られる。

主にサンドリア周辺においてエルヴァーンの信仰が篤い。
むしろ熱心な信者はエルヴァーンに限られるようにも見ることができるほどである。

「貴方に楽園の道が開かれますよう。」のセリフとともに両手を掲げる独特の挨拶が特徴的。
また、ことあるごとにこの「楽園」の存在を強調することから、俗に「楽園教」などと言われることもある。どうにも胡散臭さが目立ってしまうと感じるのは気のせいだろうか。

アルタナ信仰にはサンドリア国教会派とタブナジア派、それにアイメルト派が存在している。
タブナジア派は侯国が成立してから独自の流れを築いてきたことによるものだろう。
アイメルト派神聖アドゥリン都市同盟で主に崇拝されているアルタナ信仰の一派。バストゥークにおけるアルタナ信仰の主流派でもあるのだが、信仰の衰退により熱心な信者だけが礼拝をしているという位置付けである。
また信仰心減退により忘れ去られていたアイメルト派の法衣を文献から復刻・改良したものがシャジュブルである。

ちなみに、エルヴァーン族以外の人間における信仰形態には、以下のような違いが見られる。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。