女神の印(めがみのいん/Divine Seal)
  1. 白魔道士アビリティの一つ。→2002年11月26日のバージョンアップ実装された。
  2. 上記アビリティで得る良性ステータス

アビリティ女神の印

次に回復魔法を唱えると、回復量アップ。

レベル15で習得する。使用するとステータス女神の印」になる。回復魔法を使用するか、1分経過で効果は切れる。
再使用時間:10分(メリットポイントにより1段階毎に20秒ずつ、8分20秒まで短縮可)

次に使用する魔法回復魔法だと効果(=回復量)が2倍にアップする。回復魔法でなかった場合、何の効果も発揮せず消える。回復魔法であれば「いやしの風」のような青魔法でも効果は発揮される。
ライトスタッフなどケアル回復量アップ装備や、学者戦術魔道書意気昂然の章」の効果とも組み合わせることが可能。これらと組み合わせた場合、装備アビリティの効果を適用した後さらに2倍となる。

ジョブ特性女神の慈悲」を所持している場合、次に使用する状態異常回復魔法*1の効果が「ターゲット単体」から「ターゲットを中心とした範囲内のパーティメンバー」へ拡張される。

なお、アンデッドダメージを与えるために使ってもダメージは倍加するわけではなく、効果は元のままとなる。

ステータス女神の印

次の魔法回復魔法だった場合、回復量アップ。

アイコンは剣に"UP"の文字がついたおなじみのもの。

関連項目

精霊の印
*1
ポイゾナパラナブライナサイレナストナウィルナカーズナイレースレイズも広義にはステータス異常戦闘不能」を治療する魔法と言えなくもないが、慈悲印での対象拡張効果はない。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。