ラ系魔法(らけいまほう)
ケアルラシェルラバファイラストンラ等、語尾に「ラ」がつく範囲効果魔法の総称。

常に術者を中心とする効果範囲を持つのが特徴。このためパーティーメンバーに魔法効果を付与するには、術者自らが移動して効果範囲内に収める必要がある。また風水士が使用できる精霊ラ系魔法は、対象を選択できるガ系魔法ジャ系魔法と違い、敵に接近する必要が出てくる。

なおプロテアは語尾が「ラ」ではないが、術者中心であり、英語名はProtect「ra」となっているため実質的にはラ系魔法である。

回復ラ系魔法

白魔道士が使用可能。詳細は【ケアルラ】項を参照のこと。
「~ラ」の名前はつかないが、エスナも自身中心範囲効果。

強化ラ系魔法

白魔道士が使用可能の魔法群。詳細は【プロテア】【シェルラ】【属性耐性魔法】【状態異常耐性魔法】項を参照のこと。
「~ラ」の名前はつかないが、オースピスアディ系も自身中心範囲効果。

精霊ラ系魔法

風水士が使用可能。従来のガ系魔法と異なり、自身の周囲の敵に各属性ダメージを与える。但しターゲッティング先は自分自身ではなく敵単体。複数に着弾した場合、ガ系魔法と同様に1匹あたりの威力は減衰する。

通常の精霊魔法よりもカーディナルチャントの効果を大きく受け、タウマテルギフォカスの対象となるという特徴がある。
威力としては精霊ガI系<ラI系<精霊ガII系<ラII系<精霊ガIII系という序列となり、消費MPもそれに準ずる。

魔法攻撃の利点である、敵の範囲攻撃のアウトレンジからの攻撃という利点を失っている割に、精霊D値系統係数が低いため、ガ系などと比べると見劣りしてしまう。ただし、詠唱時間消費MPも低いため、連射がしやすい。風水魔法カーディナルチャントの活用を考慮に入れた性能なのだろう。

魔法Lv消費MP詠唱時間再詠唱時間属性精霊D値
ストンラ25541.5秒5.0秒D150
ウォタラ3066D180
エアロラ3579D210
ファイラ4093D240
ブリザラ45108D270
サンダラ50123D300
ストンラII701433.0秒15.0秒D350
ウォタラII75163D390
エアロラII80184D430
ファイラII85206D470
ブリザラII90229D510
サンダラII95253D550
ストンラIII99(G)2764.5秒30.0秒
ウォタラIII99(G)312
エアロラIII99(G)350
ファイラIII99(G)390
ブリザラIII99(G)432
サンダラIII99(G)476

なお、2013年7月9日のバージョンアップで性能が調整されているが、この時公式発表では消費MPストンラは57のところ、ゲーム中では67になっており、他のラ系魔法も全体的に実際よりも低めに発表されていた。

2013年10月8日のバージョンアップではこっそり再調整され、前回VUの発表よりもさらに低い消費MPになっている。

2015年8月5日のバージョンアップ精霊ラIII系が追加された。いずれも風水士ギフトジョブポイント1200使用)で習得できる。

習得方法

IとIIはスクロールで習得する魔法で、風水士と同時に実装されている。スクロール西アドゥリンLedericusが扱っているが、II系は非常に高額であり、基本的にはBFで入手できるスクロールで習得することを想定した価格になっている。

2015年8月5日のバージョンアップでは、風水士ギフト(1200)で習得する魔法としてIII系が追加された。

2013年7月9日のバージョンアップ以前

2013年7月9日のバージョンアップでは消費MP精霊D値などの性能が変更されている。また、系統係数も大幅に変更されている。変更前の系統係数はI系でおよそ1、II系ではエアロラIIまでが1でファイラII以降が1.5となっていた。なお、系統係数精霊D値は公式発表)*1による。

魔法Lv消費MP詠唱時間再詠唱時間属性精霊D値
ストンラ25733.25秒15秒D128
ウォタラ30853.50秒16.5秒D153
エアロラ35974.00秒18秒D179
ファイラ401154.25秒19.5秒D216
ブリザラ451294.50秒21秒D247
サンダラ501445.00秒22.5秒D282
ストンラII701605.25秒23秒D317
ウォタラII751775.50秒24.5秒D356
エアロラII801956.00秒26秒D396
ファイラII852186.25秒27.5秒D450
ブリザラII902376.50秒29秒D496
サンダラII952587.00秒30.5秒D544

関連項目

ガ系魔法】【ジャ系魔法
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。