サブダックション(さぶだっくしょん/Subduction)
  1. マロリス族の使用する特殊技の一つ。
  2. 青魔法の一つ。2014年7月8日のバージョンアップ実装された。

マロリス族特殊技

名称範囲効果空蝉備考
サブダックション対象中心範囲HP依存ダメージヘヴィ貫通

両腕をぶん回して上から叩き潰すような技。ダメージは大したことがないが、ヘヴィ状態ではテクトニックシフトから逃げづらくなるため、極力イレースをかけておきたい。

青魔法

Lv99 BP6 MP27 詠唱時間1.0秒 再詠唱時間5.0秒
系統:魔法-攻撃 属性: 追加特性:魔法攻撃力アップ(8)
自身の周囲の敵に風属性ダメージ追加効果:ヘヴィ

ステータスボーナス:MP+25 VIT+6 INT+6

倍率系統係数修正項目
2.00INT差×2.0STR10% VIT10%

先んじて実装されたT.アップヒーヴと同じく風属性範囲魔法青魔法である。プレイヤー間では「サブダク」と略されることも多い。
特筆すべきはそのコストパフォーマンスと連射性能、単一で魔法攻撃力アップ追加特性が得られる点で、T.アップヒーヴと比べると消費MPが約1/4のMP27という低コストでありながらT.アップヒーヴの7割程度のダメージが出せる。
装備ギフトによる魔法攻撃力アップ次第ではあるが、魔攻魔法ダメージ+の影響を強く受けるため、T.アップヒーヴを超えるダメージを与える事も可能。
その上T.アップヒーヴ魔法系青魔法としては再詠唱時間が12秒とかなり短い方であったが、この魔法削り物理青魔法も顔負けの5秒である。
詠唱時間も1秒のため詠唱中断を食らう可能性もほぼ皆無であり、MP消費量も非常に少なく、更に追加効果ヘヴィの効果も高い。
グラビデを入れて精霊魔法で削るのに似たことを、この魔法ひとつ連打するだけで実現できるという超絶性能の魔法である。
対峙する相手の強さの程度にもよるが、複数の敵を相手にする・特定のNPC戦闘不能にしてはならない、と言ったミッションクエストにおいても、とりあえずサブダックションを連射しておけばOK、の戦術が通用するものも少なくはない。

なお、一見するとターゲットの位置に上から岩塊のようなものが落下し、そこを中心として攻撃が及んでいるようなエフェクトだが、ヘルプテキストにもあるように当青魔法攻撃判定はラーニング元と異なり対象中心ではなく自分中心の範囲攻撃である*1
その性質上、ターゲットに対して詠唱可能な距離がそのまま見た目通りの射程となるのだが、やや遠くまで届くとは言ってもグルーティナスダートキャノンボールのような突出した長射程は有しておらず、またオートアタック射程と比べてもそれほど広くはないため、青魔法詠唱モーション特有の硬直と相まってマラソン、特に俊足タイプが相手の場合は巻き込みを含め間合いの取り方が若干シビアとなる。

2014年10月7日のバージョンアップステータス補正が追加されている。

ラーニング

シルダス洞窟謎の魔導器に飛んだ後南東(K-5)に向かうと、小広間に2体マロリスが出現する。この2体が最も弱く、アクセスも手軽なためオススメである。

名称について

名前は「引く(減じる)こと、地質の沈み込み」という意味。マロリスの技であることから後者と思われる。上から叩き潰して地面にめり込ませ、動きを封じると共にダメージを与える、といった技だろうか。

関連項目

マロリス】【魔法系青魔法】【属性攻撃系青魔法
*1
実際にダメージが及ぶ対象には、落下の後の薄もやがまとわりつくようなエフェクトが個別に発生する。そのため、初弾の攻撃エフェクトが当たっているように見えても範囲外に居る相手にはダメージが及ばず、逆にある程度遠い相手に詠唱すると、初弾のエフェクト外になるような位置でも範囲内ならダメージが及ぶ等、見た目と実際の攻撃判定との差が著しい。自分中心の範囲攻撃目標への攻撃が同時発生していると捉えるとわかりやすいかもしれない。範囲攻撃射程よりも目標への射程の方が若干長いので、前述のような不自然さを生んでしまう。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。