ヴィゾフニル(う゛ぃぞふにる/Vidohunir)
クエスト神器<黒魔道士>」をクリアするか、レーヴァテイン強化後)を装備することで使用可能な両手棍WS
闇属性ダメージ追加効果:魔法防御力ダウンTP:追加効果継続時間修正レーヴァテイン使用時:消費TPに応じたアフターマス発動。連携属性:分解湾曲

連携属性分解/湾曲
倍率追加効果継続時間属性修正項目系統係数
TP100020003000
1.75???INT80%(自INT-敵INT)×2.0

ミシックWSで、Lv75以上の黒魔道士しか使用できない。
属性WSで、威力はPCのレベルやメインウェポンアイテムレベルに応じて上昇する。

追加効果発動率が非常に高く、スキルが青時に足りていない状態でかなり格上HNM相手に使っても魔法防御力ダウンが発動するほどである。

杖を縦に構えて先端に青白い光を集中させ、念力で杖を敵に叩きつけてその光を爆裂させる。エフェクトは異なるがモーション自体はスピリットテーカーレトリビューションを組み合わせたもの。
エフェクトはいかにも光属性に見えるが、実際は闇属性ダメージ。また杖がすっ飛んで行っているように見えるが、射程近接攻撃と同じ距離である。

なお、そのエフェクトがかなり長目のため、このWSをトスとして連携を行う際はエフェクトが完全に終了してからでは間に合わない場合があるので注意が必要。

敵のINT魔法防御力にも因るが、きちんと魔法攻撃力INTブーストすれば大きなダメージを出すこともできる。
今でこそ青魔法を初めとするさまざまな闇属性攻撃があるが、まともにプレイヤーからモンスターに直接的に闇属性ダメージを与える方法がドレインぐらいしかなかった頃はそれなりに貴重なダメージソースであった。
もっとも、実装当初よりそもそも黒魔道士TPためる機会があるかどうか、また直接攻撃命中させられるかどうか、またWSを撃つために近づくと被弾する危険性が増すなどと多々の問題を抱えていたため、使いどころに困るネタWSの烙印を押されていた。
現在ではマジックアキュメンによる得TPを利用するなど比較的運用は楽になっている。

属性WSであり、追加効果魔法防御力ダウン(対象の魔法防御力-10)とまさに黒魔道士向きと言える性能となっているので工夫次第では活躍できるWSになるだろう。

歴史

2014年6月17日のバージョンアップではWS全体の基本性能が調整されているが、この際に属性WSのレベル補正にも変更が入り、威力が底上げされている。

また、このWS修正項目は元々INT30%だったが、このバージョンアップの際に修正項目INT80%になったと発表されている。しかし実際には修正項目は変わっていなかったため、2014年7月8日のバージョンアップで「ウェポンスキルステータス補正が正しくない。」として修正された。

2017年10月11日のバージョンアップで、ヘルプテキスト連携属性が追加されている。

出典

ヴィゾフニルは北欧神話に登場する雄鶏で、世界樹ユグドラシルの天辺にいると考えられている。黒魔道士ミシックウェポンであるレーヴァテインと同じ物語で語られ、「ヴィゾフニルを殺すためにはレーヴァテインが必要だが、レーヴァテインを手に入れるためにはヴィゾフニルの尾羽が必要」という堂々巡りの謎掛けが出される。

関連項目

魔道士の杖】【レーヴァテイン】【ミシックWS
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。