マジックアキュメン(まじっくあきゅめん/Occult Acumen)
ジョブ特性の一つ。
精霊暗黒魔法ダメージを与えた際、TPにボーナスを得る。

習得レベルおよびランクは下表の通り。
ランク習得レベルアップ値係数
1854578+250.25
2955888+500.50
3-7198+750.75
4-84-+1001.00
5-97-+1251.25

また、アタッチメントアカニックセル」を用いることにより、オートマトンマジックアキュメンの特性を得られる。

精霊魔法または暗黒魔法*1で1以上のダメージを与えた場合*2消費MPに係数を掛けた値のTPを得られる。ストアTPも適用され、計算式は以下のようになる。なお、マジックアキュメン+1はマジックアキュメン係数+0.01に相当する*3
得TP = 消費MP×マジックアキュメン係数×(1+ストアTP/100)

ストアTPによる補正の前後でそれぞれ、小数点以下が切り捨てられる。
なお、ここで言う「消費MP」とは実際に消費したMPではなく本来その魔法を唱えるのに必要なMPを指す。そのためコンサーブMP魔力の雫が発動しても得TPが減ることはないし、逆に精霊光来の章を使っても得TPが倍増することもない。

このような特性から、杖を持ち替えずに攻撃することの多くなった黒魔道士学者にとってはこれでTPを貯めてスピリットテーカーミルキルを使用することによって貴重なMP補給源となる。黒魔道士カスケードへの転用も可能。
攻撃魔法TP(WS)」という視点からすれば赤魔道士青魔道士の方が象徴的といえる特性なだけに、ジョブ設定には首を傾げる者も多い。

暗黒騎士の場合、消費MPが多い高位の精霊魔法が使用出来ず、そもそも精霊魔法を多用する場面も少ない。しかも振り数調整している多くのプレイヤーにとっては両手武器一撃分のTPに足りなければ実質ゼロと同じであるだけに、通常用途で意識されることはまず無い。

唯一意味を持つのはトワイライトプリス装備することで使える精霊魔法インパクト」程度のものであった。一例だが、BLソルレット+2&ストアTP+21で詠唱する事により、一撃でTP1000を得られる。詳細は「インパクト」項を参照のこと。

しかしオーグメントにより高い魔法攻撃力(&魔法命中)とマジックアキュメン係数の向上(1部位最大+10)を両立できるヘリオス装備実装されたことにより、黒魔道士で実用として使われるようになってきている。

具体的には、(スピコナコート+)マジックアキュメン最大装備で700-750MP程度の消費でTP1000を稼げるのに対し、MP+装備でMaxMPを極限までブースト(+1100以上)してミルキルを撃つことによりTP1000あたり450MP-500MP程度を回復できる。不足分についてもスピコナコートによるMP回収でかなりの部分を賄えるため、魔法などのリフレシュ手段があれば十分に永久機関となることができる。

ベガリーインスペクターギアスフェット等で、要求物理命中が高く範囲攻撃が強力な敵相手の削り手段として、与ヘイトが低いマジックバーストだけで回すような場面が多くなっているが、実際ここでMP支援とマジックアキュメンミルキルをきっちり着替えて運用することによって、延々と休みなく連携を続けることが可能となる。スピコナコート頼みの低位精霊の連発とは与ダメージ与TP・与ヘイトともに大きな差があるため、マジックアキュメンをしっかり運用できる黒の火力はこれまで以上に大きくなっている。

さらに、ジョブポイント実装により、黒魔導士のみ使用可能となったデスにおいても効果がある。MPを全消費するこの魔法は、いわばダメージを与えつつMPの半分以上をTPとして得るという性能となっており、アスピル等のMP回復手段をもってすれば、デスミルキルリキャスト回復デス…といったループを行うことが可能となっている。そのため、特に闇属性耐性の低い敵が出現するコンテンツに対しては重要なダメージソースとなっている。

アキュメン(acumen)は「慧眼、洞察力」という意味。

効果アップ装備

マジックアキュメン効果アップ」「マジックアキュメン+」の性能を持つ装備
種別名称効果装備Lv
片手剣アレンドシフルーレ+30(変換係数+0.30)Lv99~
両手剣クラデネツ+20(変換係数+0.20)Lv99~
クラデネツ+1+21(変換係数+0.21)Lv99~
両手棍カトヴァンガ+30(変換係数+0.30)Lv99~
投てきセラフィクアムプラ+7(変換係数+0.07)Lv99~
マルクィシャポー+7(変換係数+0.07)Lv99~
マルクィシャポー+1+10(変換係数+0.10)Lv99~
ウエルキンクラウン+10(変換係数+0.10)Lv99~
両足BLソルレット+1+15(変換係数+0.15)Lv81~
BLソルレット+2+25(変換係数+0.25)Lv81~
ヒーズンソルレット+27(変換係数+0.27)Lv99~
HTソルレット+1+30(変換係数+0.30)Lv99~
パデシンスロップス+30(変換係数+0.30)Lv99~
オネイロスロープ+20(変換係数+0.20)Lv88~ All Jobs

この他にも、ヘリオス装備や、マーリン装備などのオーグメントとして、高い効果を得ることが可能である。

歴史

2010年6月22日のバージョンアップにおいて実装された。実装当初の得TPは一律消費MPの5%*4であり、本当に何の役にもたたないネタ特性であった。
その後2010年9月9日のバージョンアップより黒魔道士も習得するようになり、さらに段階的に効果が上がるように調整された。しかしごく一部の暗黒騎士インパクトの使用価値を生んだのみで根本的な評価は変わらなかった。

ちなみに暗黒騎士にはその後の2010年12月7日のバージョンアップにてタクティカルパリーというジョブ特性も追加されているのだが、ほぼ全く同じ理由で使い物にならないため当該ジョブプレイヤーは酷く落胆した模様である。

しかし2015年2月19日のバージョンアップにおいてヘリオス装備実装されたことにより、特に高位精霊魔法を連発する黒魔道士において、スピコナコートMP回復するWSミルキル」と組み合わせる形での実用が行われるようになってきている。

関連項目

精霊魔法】【暗黒魔法】【TP
ベイルソルレット】【オネイロスロープ】【インパクト
*1
2011年7月現在、神聖魔法でも同様にTPが得られる不具合が確認されている。
*2
ドレインはログ上の吸収量がゼロでも実際のダメージが1以上であればTPが得られる。
*3
ファイナルファンタジーXI プレミアガイド2013 -武器・防具ナビ- (ファミ通の攻略本)において、係数+0.15の装備マジックアキュメン+15と記載されている。
*4
TP5%ではなく、百分率で5%。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。