振り数(ふりすう)
WSを使用可能になるまで(=TP1000まで)の攻撃回数。
主に両手武器のような「間隔が長い分、一撃の得TPが大きい」武器を使用する場合に意識される。

例えば一撃の得TPが111の武器攻撃した場合、9撃目でTP=999、10撃目でTP=1110となる。この場合、9撃目でのTPがたった1不足するためだけに、WSを使用できるまでの時間が、1回攻撃間隔分余計にかかってしまう。
こうした事態に対し、ストアTP装備等で一撃の得TP量を調整することで、無駄なく素早くTPが1000貯まるまでの時間を短縮させるのが、いわゆる振り数の調整である。

時間をかけて重い一撃を放つ両手武器アタッカー達にとって、無駄な一撃というのは結構な痛手である。さらに高レベルで強力なWSが解禁されると、総ダメージにおけるWSダメージの割合も増加する為、WS回数を増やしていく事は与ダメージの増加に大きく貢献するようになる。
特に総ダメージの大部分をWSダメージに依存しているには重要で、熟練したの多くは、振り数を意識した調整を行っている。

逆に、一撃の得TPが少なく間隔が短い武器の場合、次の一撃を放つまでの時間も短い為、そこまで振り数を気にするケースは少ない。
また、攻撃を受けることによってもTPが貯まる盾役も、被弾に応じてTPが変動する為、こだわる事は稀である。

がいくつの武器で何振りを達成するには、ストアTPがいくつ以上必要といった調整となるが、命中ヘイストなどクリティカルな値との取捨選択となるケースもあるため、なかなか難しい調整となる。

被弾時の得TPによる調整も可能だが、消費したHP回復にかかる手間やコストの面から結果的にパーティ全体の効率やテンポを落とすことにつながるため、考慮されることはほとんどない。

概ね単発WS前提ではWSを一振り分にカウントする。しかし、多段WSではWSが何ヒット以上+通常攻撃振りWS可能という計算になるため、WSを一振り分にカウントしないで使用する事もある。このため、どちらのケースで数えているかは、文脈で判断する必要がある。

関連項目

ストアTP
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。