カーバンクルの紅玉(かーばんくるのこうぎょく/Carbuncle's Ruby)
アイテムの一つ。
Rare Ex
意志を宿すと云われる、たいへん珍しい宝石

ヴァナ・ディールに点在するリーチモンスタードロップする。

エキストラジョブである召喚士を修得するためのウィンダスクエスト7色の光を!」にて使用するアイテム
だいじなものリアセンブル」を所持していれば風のクリスタル貫通の幻珠(HQなら核熱になる)を取り出せる。

Rare Ex属性のため、他人への譲渡は不可能。また今日では宅配倉庫キャラやセカンドに送れるエクレアアイテムも増えたが、このアイテム宅配不可のため、そういったキャラ召喚士をプレイしたいのであればそのキャラ自身で取得する必要がある。

2018年3月12日のバージョンアップドロップ率が引き上げられたが、それ以前はそのドロップ率は非常に低く、手に入れるまでに数百匹のリーチ討伐を要した者もいた。このため、召喚士実装当時はFFの象徴的ジョブである召喚士になるがために、各地で血で血を洗う壮絶なリーチ狩り合戦が展開された経緯がある。その歴史を反映してか、15周年エミネンス・レコード目標の1つに「かーくんのあかたま」という、このアイテムを取得する目標実装されている。

不要な場合、NPCへの売却はできないが、ゴブリンの不思議箱に放り込むことができる(25ポイント相当)。

英名にもあるように紅玉とはルビーの事である。ちなみにラテン語でカーバンクルス(carbunculus)とはルビーのことである。

紅玉をドロップする可能性のあるリーチ族モンスター

以下の情報は2018.3.12前の情報です。同バージョンアップによるドロップ率引き上げ後の情報は含まれていません。

レベルの低い個体はバグではないかと疑うほどドロップ率が低い。Lv25以上の個体でないとドロップしないという説もあり、この説が正しいとすると、バルクルム砂丘ブブリム半島では、いくら殲滅してもLv24以下の個体しか湧かない場合は永久に出ないことになる。

ゼオルム火山に生息するVolcanic Leech(Lv72~75)やアラパゴ暗礁域のNirgali(87~89)は比較的ドロップ率が良く、レベルが上がるにつれてドロップ率があがるのではないかと考えられている。

ボストーニュ監獄GoV乱獲(Page4)がよく行われていたころは、対象の内部レベルが高いことに加え、殲滅速度が速く討伐数も多いため参加すれば比較的容易に入手可能であった。

生息エリア名称レベル備考
ブブリム半島Poison Leech21~25
バルクルム砂丘Thread Leech22~25
ロランベリー耕地Poison Leech25~26
オルデール鍾乳洞Poison Leech25~27
シャクラミの地下迷宮Poison Leech24~28
コロロカの洞門Thread Leech28~31
クフィム島Acrophies33~34
ルフェーゼ野Acrophies33~36
海蛇の岩窟Royal Leech35~38
Sahagin Parasite50~53
聖地ジ・タGoobbue Parasite42~45
グスタフの洞門Labyrinth Leech45~48
オンゾゾの迷路Labyrinth Leech45~48
トライマライ水路Bloodsucker54~57MAP[1](J-9)など
Bouncing Ball64~67MAP[2](H-9)
カダーバの浮沼Caedarva Leech63~65ナシュモ東側沼地周辺など
ボストーニュ監獄Bloodsucker65~68MAP[3]水路
エジワ蘿洞Phlebotomic Slug67~70
バフラウ段丘Red Kisser68~69(G-7)池周辺
ワジャーム樹林Red Kisser68~71(J-8)(G-11)など
ゼオルム火山Volcanic Leech72~75VWクルオワープゼオルム火山
飛んだ先の広場など
アラパゴ暗礁域Ashakku73~74MAP[10]南エリア
(イルルシ環礁監視哨マップ)
Nirgali87~89MAP[11]南西エリア

通常配置されていない個体も含めれば、NMBloodpool Voraxパシュハウ沼)」「Leech Kingシャクラミの地下迷宮)」や、アサルト蠱物駆除作戦」に出現するCarrion LeechやUndead Leech(Lv75~77)もドロップする。

なおツェールン鉱山など、GoV実装時に配置された高レベルの個体は、もともとそこに生息していたモンスタードロップ物を引き継いでいるため、場所によっては高レベルでも全くドロップしない。

歴史

2018年3月12日のバージョンアップドロップ率が引き上げられた。

関連項目

召喚士】【7色の光を!】【リーチ族】【アニバーサリー(目標)
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。