ブレス系青魔法(ぶれすけいあおまほう)
青魔法の小分類の一つ。

システム上の分類は物理系青魔法魔法系青魔法の2種類しかないが、当辞典では魔法系青魔法のうちブレスダメージを与えるものを便宜上「ブレス系青魔法」とする。

ブレス系青魔法の一覧

Lv魔法属性Lv係数HP係数消費MP
22ポイズンブレス4/50.801/1022
46磁鉄粉8/15約0.531/686
50自爆???100
54ヘカトンウェーブ2/3約0.661/4116
54R.ブレス4/3約1.331/4116
58F.ヒッププレスなし0.001/3125
61臭い息1/3約0.331/8212
66フロストブレス8/51.601/3136
71火炎の息なし0.001/2169
96ヴェイパースプレーなし0.001/2172
97サンダーブレス1/8約0.122/3193
99ウィンドブレスなし0.001/426

上記のように必ずしも口から出るものではなく、手や尻から出るようなものも含まれているが、ダメージ分類上はいずれもブレスダメージである。

自爆を除き、ダメージ計算式は非常にシンプルで、術者のレベルと詠唱完了時点のHPを参照し、以下の式で表せる。
ダメージ基本値=(Lv×Lv係数)+(現HP×HP係数)

これにレジストによる減衰が加わり、モンスター相関関係の変動を経て、最終的なダメージとなる。
※両係数は表内に記述。
命中率に関しては、他の魔法と同様、属性杖などにより魔法命中率の上昇が望める。

自爆ダメージは残りHPに依存するが、普通のブレス系青魔法と異なり、条件を揃えてもダメージにバラつきが生じる。強衰弱でもダメージを与えられるので、少なくとも魔法攻撃力の影響は受けない模様。

特徴

既存のブレス系青魔法は、前方扇範囲ないし自身中心範囲の技となっている。
ダメージの算出に魔法攻撃力の影響を受けず、術者の現在HPに依存するため、ダメージを伸ばすためにはHPの増強が必要となる。また、後述の「与ブレス効果アップ」の能力を持った装備により引き上げることが可能となっている。

メリット



デメリット




  • 総じて燃費が悪い
    単体対象には、並みのHPで撃っても燃費が悪く運用し辛い。これを少しでも解消するため、最大HPブーストは必須である。

IL装備時代の現在では最大HPを大幅にブーストする装備が各部位多数実装され、ブレス系青魔法の威力アップを後押しする環境は十分整っている…のだが、サブダックションスペクトラルフローと言った魔攻魔法ダメージ+の影響を受ける魔法系青魔法による4~5桁ダメージを叩き出す攻撃手段が台頭。現在HP依存ダメージブレス系青魔法は与ブレス効果アップ装備最大HPブースト装備を駆使したとしても先述した攻撃手段と比べると与ダメ効率としては数段劣るというのが現状であり、一線を退いた感は否めない。

ブレス効果アップ装備

ブレス系青魔法の威力を高めるためには以下の装備が必要になる。
複数装備することで効果を累積させることが可能。
効果累積上限は+25%まで(MIケフィエ+2を含む4種装備で+30%になるはずだが+25%までしか計上されない)。
これらの効果はスピリッツウィズインのようなブレスダメージウェポンスキルに対しては効果がない。

種別名称効果Lv/ILジョブ
投てきマーヴィタスラム+5%84
ソリアンヘルム+10%73
ミラージケフィエ+10%75
MIケフィエ+1+10%75
MIケフィエ+2+15%90
ルラーザケフィエ+18%109
LLケフィエ+1+20%119
LLケフィエ+2+22%119
LLケフィエ+3+24%119
アードアペンダント+5%79
アドアペンダント+1+10%99
グラスブローベルト+5%92

関連項目

ブレス】【ブレスダメージ
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。