Mboze(むぼぜ)
ウォークオブエコーズ〔P〕に出現するイグドリア族NM2021年2月10日のバージョンアップで追加された。

出現条件

バトルコンテンツオデシー」のシェオル ジェールにおいて、選択することで戦う事ができるNMの内の1体。
アトーンメント3に属し、アトーンメント2のNMを全て討伐すると選択できるようになる(他プレイヤーが選択した場合は条件を満たしてなくても戦闘可)。

特徴

葉の部分が黒みがかったイグドリア族斬属性弱点

他のシェオル ジェールNM同様、高いVengになるほど強化されて行き、SPアビリティなどが解禁されていく。
解禁されるSPアビリティは「インビンシブル*1」。

アップルートを使うことでエフェクトが発生し、エフェクト効果中は特殊技を使うごとに魔法陣「Zisurru」を召喚する。
Zisurruは周囲にダメージを与えつつしばらくすると消えるが、後半になると数を増し、最終的に数百のダメージをいくつも同時にばら撒き始めるため放置すると非常に危険となる。
またエフェクト効果中は土属性土属性を含む連携属性吸収するほか、特殊技を連続使用するなどNM本体も相当強化される。

連携を発生させることで赤い!!弱点が発生してZisurruが消滅、さらに連携を繋げることで青い!!弱点が発生してエフェクトを消すことが可能。
青い!!弱点に必要な連携回数は、Vengが高くなるほど多くなっていく。

カノピアスダメージ頭割りがあるため、前衛3人ほどが前に出る、身替を持つ忍者を入れるなどの対策が必要。総ダメージ量については要検証*2

またティーンバーの威力が高く、何の対策も無いと全滅不可避となる。
このティーンバー最大HP依存の割合ダメージで、身替ダメージカット無効、さらに被弾人数が少ないほど割合が大きくなるという特徴を持っている。
被弾人数が2-3人だともれなく最大HP以上のダメージがばら撒かれ前衛全滅するため、できるだけ多くの人数で被弾して即死を避けるか、モクシャミュインララバイ等で与TPを極力減らして使わせずに押し切る戦法が有効。
ランパートによる被ダメージカット(-25%)やファランクスでの被ダメージ減は機能する。

アタッカーを一人に限定してモクシャ装備で固めた上で、ミュインララバイ青魔法フェザーティックルリービンウィンドを連打してTPをとにかく減らして特殊技を使わせずに戦う戦法も存在する。
この戦法の場合、汁ペット太っちょファルガンTP吸収キッスが活躍する。最短30秒に1回だが確実にTPを0にできる上、アンリーシュを使って連打すれば1分間特殊技を完封できるため、ラストの押し切りの際にアタッカーが安全に全力を出せる。

実装からしばらくは高Vengだとティーンバーが使われるか否かで勝敗が決まるという運ゲー状態となっていたが、流石に威力がおかしいことを開発も認識したようで、2021年3月15日に威力が下げられる措置が取られた*3

戦利品

討伐時、称号「ムボゼモーラー」(ムボゼを袋叩きにする者)を得られる。
初回討伐時にだいじなものムボゼの記録」を入手でき、ラバオ(G-6)の"???"からブンジロッド ブンジチョッパー ブンジ装束が購入可能になる。
また、条件を満たした上でVeng+1以上で討伐することで上記の装備強化に必要なRPが獲得できる。
Veng+15の状態で討伐すると、上記の装備強化上限がRank20まで解放される。

NMの名称について

ムボゼはコンゴの神話における女神
ある時ムボゼが娘であるブンジを出産した際、その父親が自分たちの息子でもあるマカンガだったことが露見したため、怒った夫神によって殺されてしまった。

関連項目

オデシー】【シェオル ジェール】【ブンジロッド】【ブンジチョッパー】【ブンジ装束】  
*1
一時的に八重霞となっていたが、修正されている。
*2
Veng+0で5000ダメージ、Veng+10にて8400ダメージとの報告あり
*3
→ファイナルファンタジーXI 更新のお知らせ(3/15)
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。