Durinn(どぅりん)
アビセア-ブンカールに出現するデーモン類ドゥエルグ族NM
2010年9月9日のバージョンアップで追加された。

Durinn

出現条件

アビセア-ブンカール(E-12)(第6幽門石から西にある隠し通路を抜けた先)の???だいじなもの黄ばんだドゥエルグの歯」「脈動するソウルフレアの髭」「砕けたインプの角笛」を所持した人が調べるポップする。

だいじなものポップさせた時点で消失する。

3Durinn
2黄ばんだドゥエルグの歯脈動するソウルフレアの髭砕けたインプの角笛
DvalinnKadraeth the HatespawnDiv-e Sepid
1歪んだ頭骨固まった触手-
Shewriwhile
(カヒライス族雑魚)
Pneumaflayer
(ソウルフレア族雑魚)
-

特徴

赤い体色を持つ。ドゥエルグ族特殊技に加え、精霊ガIV系古代魔法I系(範囲化)を使用する。

物理攻撃は有効だが魔法ダメージは大幅にカットされる。

アドルグラビデスロウ麻痺は有効。スタンは有効だが累積耐性がつく。
闇属性に高い耐性があり、暗闇ディスペルレジストされる。

範囲化された古代魔法というと強そうに聞こえるが、シェルをかけて「カックル」を放置していなければ400ダメージ以上食らうことは少ない。
ガIV系の方が余程強いが、それでも致命的というほどのダメージを受けることはまず無い。
魔法よりも、終盤使用してくる「鮮血の饗宴」が凶悪。運が悪ければ3000弱のダメージを範囲に巻き散らかすため前衛陣が壊滅する恐れもある。
ただしこれについても詩人召喚士が居れば、警戒のスケルツォ大地の鎧で致死量のダメージは予防が可能であり、メイン忍者であれば身替の術をある程度DurinnTP蓄積を読んで使用しておけば即死の危険性を大幅に減らすことが出来るため、HPが減ってきた追い込み時にはこれらの予防策があると安心。

基本的にはヘルスナップを使用した直後のみ魔法を使用するというルーチンとなっているようである。
このため、もともと1~2人のみで殴る場合、与TPが少ないために、技だけでなく魔法の使用頻度も少なくなっており、アビセアの死闘エリアの中のHNMでは比較的楽に倒すことができる。

過去にはDvalinnの様に弱点を突く事が困難になるほど間断なく魔法と技を使用するわけでもないため、Dvalinnの方が強い、という意見が多く、後述の称号の件もあいまって、NMの配置を間違えて逆にしたのではないかという噂すらささやかれていた。
しかしDvalinnも特性が分かればそれほど強くないということが判明しているため、即死の可能性があるこちらのほうが危険という意見も出てきている。

戦利品

クライシスサイズバルリーヌ(100%)、水行の宝石(100%+黄弱点)、水行の原石(トレハン)、土行の宝石(トレハン)、土行の絵札(黄弱点)他素材
条件を満たすことで「邪鬼のアートマ」が得られる。

また、称号「ドゥリン ディシーバー」 (Durinn Deceiver:ドゥリンを欺いたもの)を得られる。

出典

ドゥリンは北欧神話に登場するドワーフ(ドゥエルグ)の1人。Motsognirに次いで2番目に創造された*1

ドヴァリン(Dvalinn)と共にティルヴィングを鍛えたというエピソードがある。当初は称号がこの相方の名前(ドヴァリン ディシーバー)になっていたが、2010年12月7日のバージョンアップで正しい称号に変更された。

関連項目

Dvalinn】【Kadraeth the Hatespawn】【Div-e Sepid
ドゥエルグ族】【邪鬼のアートマ】【アビセア-ブンカール】【五行素材
Copyright (C) 2002-2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
→Durinn(Wikipedia英語版)。なお、Motsognirエインヘリヤル第IIIウイングのボスとして登場する。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。