Fistule(ふぃすちゅる)
アビセア-コンシュタットに出現するクロット族(ボイルNM
2010年6月22日のバージョンアップで追加された。

Fistule

出現条件

アビセア-コンシュタット(G-3)にポップする*1。ただし、通常はタゲることはできず、ノンアクのため戦闘に突入することもできない。広域スキャンを使えばタゲることはできるが、何のアクションも起こすことはできない。

フラン族NMGuimauveリーチ族NMBloodguzzler」、スラッグ族NMLentor」のどれかを近くに連れて行くと、ディゾルブNM*2を倒した後に赤ネーム*3となり戦闘可能となる。

なお、餌となるNMタゲを持って感知させた人がFistuleを最初に釣った判定となるため、濁ったスライムのオイルが必要な場合は注意が必要。また、Fistuleリポップと同時に即感知をするため、餌となるNMキープ役と濁ったスライムのオイルが必要な人が別の場合、キープ役はFistuleポップ範囲外でキープするのが無難である。

ちなみに何らかの理由で呆けた場合、即座にタゲることが出来ない状態になるためバイオなどを駆使してゾンビ作戦で倒すことは不可能。

特徴

アビセアンBlobdingnag同様、かなりの巨体を誇る。
攻撃追加効果HP吸収がある。

通常のクロット特殊技NM専用のイポクシースプレッドミューカススプレッドの他に、以下のボイル固有技を使用する。

名称範囲効果空蝉備考
サイトキネシス自身中心範囲物理ダメージ+ヘヴィ+ノックバック+Pustule×2召喚複数枚
ディゾルブ前方範囲HP吸収(300から800程)消去ヘイトリセット

残りHPが80%くらいになると、サイトキネシスを使用するのと同時にクロット族のPustuleを2体召喚し、以降HPが2割減るごとにTPに関係なくサイトキネシスを使用する。
スタンで止めても、発動するまで何度でも使用するためPustuleを産ませないようにすることは出来ない。

以降は、この2体が生存しているあいだはFistuleが使うサイトキネシスにPustuleを呼び出す効果はなく、2体から増やさずに撃破することも可能である。

PustuleのHPは高めで、Blobdingnagの生むSeptic Boilのようにガ系複数でさっくりと焼くことはできない。

ちなみにPustuleを盾以外の人が釣りFistuleから離れた位置へ持っていけばイリュージョンさせることができる。ソロであってもペットジョブならペットFistuleに当てておき、自身はPustuleを遠くへ誘導させればよい。
なお、Fistuleを倒せば残りHPに関係なく消滅する。

また、Pustuleがフルイドスプレッドを使用すると使用したPustuleが消滅し、新たに複数のPustule(大きさは小さくなっている)がその場に出現する。
ものすごい数のPustuleを同時に相手にしては、回避が得意なジョブでもじり貧に陥るため、極力PustuleにTPを与えないように空蝉の術回避し続けるか速攻でFistuleを倒す、あるいはイリュージョンさせた方が良いだろう。

本体、子、共に物理攻撃に対する耐性は高くなく、スロウエレジーパライズは有効。

なおサイトキネシスPT外にも被害が及ぶため、注意。

戦利品

流転のアートマ六合鉢巻ライトサムキャップスカアハフィスチュルの体液木行の絵札トレハン)、木行の原石トレハン)、他素材

フィスチュルの体液は2個ドロップする可能性がある。

また、釣った人は濁ったスライムのオイルEccentric Eveトリガーの1つ)を入手できる可能性がある。

また、称号が「フィスチュルドレイナー」(Fistule Drainer:フィスチュルの水気を切ったもの)になる。当初は「フィストュルドレイナー」と、アイテムとの間でNM名の表記揺れが起きていたが、2011/5/10で修正された。

由来

Fistuleは皮膚・粘膜や臓器の組織に、炎症などによって生じた管状の穴*4日本語では瘻孔(ろうこう)などと呼ばれる。ラテン語で「管、パイプ」を意味する言葉に由来する。

召喚されるPustuleは皮膚疾患である水疱の一種*5日本語では膿疱といい、内容物が膿の集合体で粘性がかなり強いものをいう。

関連項目

クロット】【アビセア
Copyright (C) 2002-2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
以前は60~90分ほどでポップしていたが、2010年12月7日のバージョンアップにて15~20分でポップするようになった。
*2
その際に近くに居るPCにもダメージがある。
*3
横取り防止のためか直接赤ネームとなるよう変更された
*4
→Fistula(Wikipedia英語版)
*5
→膿疱(Wikipedia)
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。