Blobdingnag(ぶろぶでぃんなぐ)
右にいるMサイズのヒューム♂と比べると大きさが良く分かるだろう。

アビセアンNMの一体。バストゥーク系の第三段階に属する。

北グスタベルグ北グスタベルグ〔S〕パシュハウ沼パシュハウ沼〔S〕に出現するアモルフ類クロット族(ボイル)。


出現条件

橙色のジェイドを所持した状態で、出現エリアアビセアンとコンタクトすると出現する。

特徴

血のように赤い巨大なクロット族。通常のクロット特殊技NM専用のイポクシースプレッドミューカススプレッドの他に、以下の固有技を使用する。
名称範囲効果備考
サイトキネシス自身中心範囲物理ダメージ+ヘヴィ+ノックバック+Septic Boilを6匹召喚HPが一定量減る毎に使用
分身複数枚消費
ディゾルブ前方範囲HP吸収(600から1100程)分身貫通

Blobdingnagの使うフルイドスプレッド戦闘中のメンバー以外にも効果が及ぶ。
戦闘時には通行人に対して配慮したい。
通常時はHPが見えないが、サイトキネシス使用時に一時的にHPを確認出来る。
スタン耐性が有り、すぐに全く入らなくなる。

サイトキネシスの効果範囲はかなり広いが、魔法の届くギリギリの射程からであれば被害を受けずに済む。
被物理ダメージカット装備に身を包んだ赤魔道士ファランクスを張り、サイトキネシスで沸いたSeptic Boilをディアガでまとめて釣り上げ、耐えている間に黒魔道士ガ系魔法でまとめて焼却するといいだろう。
ディアガ役がサイトキネシスで吹き飛ばされてしまうと、盾役が計7匹のクロット集中攻撃を受けあっさりと沈んでしまう。
そのため、距離には常に注意したい。相手が巨大で距離感が狂いやすい点にも気を付ける必要がある。

また、Septic Boilの通常攻撃追加効果として暗闇麻痺悪疫静寂アムネジア、ありとあらゆる状態異常が発生することがあるが、放っておいても10秒ほどできれるので特に問題にはならない。
むしろ盾役釣り役以外のPCが囲まれている状況では治療以前の問題である。

戦利品

ビガイルカラーブロブナグリングメガクロットねばねばした金塊、その他各種素材ドロップする。
また、トゥルーの個体を倒した場合は「ブロブディンナグ バースター」の称号を得られる。トゥルーについては【アビセアン】を参照のこと。

討伐時に橙色のジェイドを使用した人は黒色のジェイドを入手できることがある。

出典

ブロブディンナグ(Brobdingnag)とBlob(粘り気のある塊)を合わせた造語と思われる。
ブロブディンナグはガリバー旅行記に登場する巨人の国の名前。
強いて訳すなら「巨人の国のブロブ」といったところか。
Septic Boilは「腐敗性のできもの」の意。

関連項目

アビセアン】【ボイル】【ワーグファング】【パニッシャー】【ブラダマンテ
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。