Kei(けい)
醴泉島-秘境に出現するカトゥラエ族NM2016年12月13日のバージョンアップで追加された。

出現条件

オーメンの第3区画(中ボス)クリア時に「桂馬」を選択した場合、第5区画にボスとして出現する。

特徴

コンテンツレベル139に相当するモンスター

HPが減ると女神の祝福を使用する。火属性風属性魔法を詠唱する。
またターゲットされたPCが離れすぎていると全体引き寄せを使用してくる。

固有技で「ダンシングフラー(範囲内にペットを含めた範囲内のキャラクター数×2500のダメージ)」をHP75%、50%、25%、10%のタイミングで使用。
発動タイミングが読みやすく、また発動まで長いため赤線ですばやく離れることで回避することが可能なほか、盾役一人がHP2500以上をキープして耐え切ることでも乗り切れる。(風水士が居る場合は羅盤を消すこと。)

開幕で「サプレシブスフィア(特殊バリア)」を使用し、その後は強力なリジェネ、極めて強力な物理ダメージカット魔法ダメージ吸収状態になる。
また、火属性魔法詠唱後は火モードになり、通常攻撃に火ダメージ追加、ブレイズスパイク、極めて強力な火耐性を得る代わりに、バリアから水属性吸収が消え、水ダメージを与えると短時間バリアを解除できる。
風属性魔法詠唱後は風モードになり、通常攻撃に風ダメージ追加、ゲイルスパイク、極めて強力な風耐性を得る代わりに、バリアから氷属性吸収が消え、氷ダメージを与えると短時間バリアを解除できる。

バリアエフェクトが展開中は属性ダメージ吸収物理ダメージカットモードだが、連携をすることで数秒の間バリアが消滅する*1ため、この間であれば属性を選ばずにダメージを与えられる。
基本的には火と風が弱点属性ではあるが、モードチェンジによって高い耐性を得る為、次点の雷属性MBを狙うのが最も安定してダメージを与えられる。
また、モードに合わせて水or氷属性攻撃すれば吸収されないが、耐性が高めであるため主力のダメージ源にはならない。*2

ダンシングフラーの危険性、ゲイルスパイクによるスロウ被物理ダメージカットの存在や、特定の魔法属性を撃たないとリジェネを解除できないという特性上、黒魔道士ペット魔攻を特化した召喚士などが主体のMB戦法が適した相手といえる。
カトゥラエ族は闇耐性が非常に高いというイメージがあるが、意外にもアスピルによるMP吸収は可能。*3

戦利品

桂馬の小札シャマシュローブアムラピシールドルガルバンダピアス月虹漆だいじなもの桂馬の曲玉」(100%)

また、称号が「ケイ・コンバスター」(Kei Combuster:桂馬を燃焼させた者)になる。

名称について

オーメンカトゥラエ族は日本のボードゲーム「将棋」に由来し、Keiは桂馬に相当する。チェスではナイトに相当する駒。

関連項目

オーメン】【Fu】【Kyou】【Gin】【Kin】【Ou
*1
連携属性は問わない上に武器限定でもないため、学者による震天連携ならば容易にバリアを消すことができる。
*2
リジェネを阻害するという点では連携の合間合間に入れるのは有効。
*3
他のカトゥラエ族と同様に闇耐性は高いが、バリアエフェクト展開中は魔法ダメージをフルで吸収する=レジストできないため。バイオインパクトなども着弾ダメージこそ吸収されるが追加効果レジストされない。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。