プルゴノルゴ島(ぷるごのるごとう/Purgonorgo Isle)
拡張データディスクプロマシアの呪縛」により追加されたマップ

  PurgonorgoIsle_Area1.jpg PurgonorgoIsle_Area2.jpg PurgonorgoIsle_Area3.jpg PurgonorgoIsle_Area4.jpg

ミンダルシア大陸の東、ググリュー洋に浮かぶ南海の孤島。
島全体を熱帯雨林に覆われており、気候はすこぶる穏やかである。
島の中央にはトコペッコ山があり、チョコボの餌の一つであるトコペッコの野草の原産地とされている。
コンクェスト地図にはそれらしき島が載っておらず、世界のどこに有るのかイマイチ解らない

かつてはミスラ海賊が島の所有を宣言していたが、最近とある資産家によって島の権利書が買い取られたらしい。
元々、ウィンダス漁師ギルドも島の所有権利を主張していた為、両者の間でいざこざが現在も続いている。

リージョンコルシュシュエリアとしてはビビキー湾に属する。
当初移動手段はビビキー湾夕照桟橋より発着するマナクリッパーでのみであったが、2008年以降のあますず祭りで入手できる水着HQ胴のエンチャント効果*1でも行くことが可能になった。またヴォイドウォッチプロマシアルートを進めていればAtmacite Refinerに飛ばしてもらえる。ただし、ワープは島への一方通行のため、呪符デジョンなど戻るための手段は用意しておこう。

魔法の地図としては独立しているが、エリアビビキー湾の一部という扱いである。(マップデータ上は同じエリアに存在する。このため、/searchコマンドでは両方のプレイヤーが検索対象となる。)

風景が綺麗なビーチがあり、一部プレイヤーに手軽な余暇として人気がある潮干狩りが出来ることから、時折、水着装備着替えたにわか観光客(であるところの冒険者)が訪れている。

レベル帯が限定されるが、レベル上げキャンプ地として使える場所が幾つかある。もっとも、移動にあまりにも時間がかかりすぎるため、候補になるケースは滅多に無いだろう。全滅の危機が訪れた際、エリアチェンジにより逃げることが出来ないのも不人気の1つと言える。(運よくマナクリッパーに乗り込めても、敵は海を泳いだり空を飛んで追ってくるため、逃げ切ることはほぼ無理である)

釣り

バストアサーディンキュスブルーテールシャル貝などの他、プルゴノルゴ島以外だとマナクリッパーでしか釣れないムーリシュアイドルビビキーチョコボトリロバイトや、固有種のボンゴラなどが生息する。

魚によって微妙に生息域が異なっており、例えばビビキーチョコボは南海岸でしか釣れないし、トリロバイトは東西海岸では釣ることができない。

外道としてビビキーアーチンコバルトジェリーパムタム海苔珊瑚のかけらが釣れる他、錆び系アイテムもヒットする。

もっとも固有種のボンゴラは過去には需要が無く、それ以外は他所で釣れるか、夕照桟橋漁師ギルドで購入できるかのどちらかなので、ここまで釣りに来る人は稀であった。
だが今は戦闘スキル上昇率アップの食事であるマリーニャ食材の1つであり、戦闘スキル上昇率×1.8と最も高いためにボンゴラの需要は増えてきている。

交通の便が極めて悪いことが釣り場として欠点になっていたが、前述のようにワープが追加されたことでこの点は改善されている。

島の東西の海岸でのみNM Lancet Jagilマウラクエスト折れた釣り竿の謎」関連NM)が釣れる。
他の外道モンスターと違い餌を選ぶ必要があり、もっぱらミノーが使われるが、使うとアタリがほとんどNMに化けてしまうため、ここで釣りをする際の障害の一因となっている。

モデル

映画ナルニア国物語のロケ地として知られる、ニュージーランドのコロマンデル半島にあるどこまでも続くビーチ、特にカセドラルコーブや奇岩群の景観などからインスピレーションを得たと思われる。

行き方

ビビキー湾(H-7) -> マナクリッパー -> プルゴノルゴ島

関連項目

潮干狩り】【漁師ギルド】【コリガン】【アブダルスの島-プルゴノルゴ
Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
エンチャントテレポプルゴノルゴ島) <1/1 0:30/[20:0000, 0:30:]> (2011年5月10日のバージョンアップ以前は120時間)ただし一度ビビキー湾に行った事がないと使えない。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。