Nashmeira(なしゅめら)
  1. NPCの一人。拡張データディスクアトルガンの秘宝」で登場する。
  2. フェイスの一つ。

1.項 登場人物

ナシュメラ
アトルガン皇国マジャーブ朝第16代聖皇。正しくはナシュメラ2世

先代の聖皇ジャルザーンが4年前に崩御した折、突如登場して皇国に君臨。

即位してより皇国の治安が急激に悪化し、蛮族の侵攻が盛んになり、良いことが何ひとつない…と、民衆からの評判はすこぶる悪い。

本人は政治に関心が無いようで、イベント絡みでもなかなかヴェールから出てこなかった。

アトルガン皇国(マジャーブ朝)第16代聖皇。自らを「皇国」であると宣言。
国家の体現者を自負する。
表に姿を現すことは滅多にないが、武断的な発言が目立ち、周辺諸国に緊張をまねく要因となっているようだ。
昨今、臣下の反対を押しきり、皇都周辺の蛮族対策のため、大規模な傭兵雇用を指示した。

→公式サイト「アトルガンの秘宝~登場人物」より

2.項 フェイス


特徴(ナシュメラ

2014年3月18日のバージョンアップで追加された。

ジョブからくり士?(サポ白)
戦闘タイプ近接物理
武器格闘
魔法ケアル(I~IV)、状態異常回復魔法
WSインペリアルオーソリティ
アビリティ
その他ケアルHPが大きく減るまで使用しない

「やめて!来ないで!」といった台詞がしっくり来る感じの独自モーションで攻撃を行う。
しっかり格闘スキルは持っているため2回攻撃を行う。か弱い細腕ながらプリッシュザザーグ等と同等のダメージを叩き出すため、ダメージソースとしては全く問題ない。ただし、マーシャルアーツランク差によるものか攻撃間隔はやや長め。

WSを一つしか持たないため、使用WSの差によるダメージのムラが無く安定感がある。技自体の威力も、アイテムレベルにもよるが1000~2000超ダメージと強力であり、意外にもまともなアタッカーとして活躍し得る。

味方が状態異常になると、最優先で速攻で治癒してくれる一面も持つ。ただ無作為に直しているわけではないようだ。

残念ながらアヴゼンメネジン召喚アクティベート)できないが、別途フェイスとして呼び出すことができる。
なお、アヴゼンもしくはメネジンと同時に呼び出した場合、お互いの能力が強化される隠しボーナスがある*1

調整・変更

特殊台詞

フェイス契約時の台詞追加

特徴(ナシュメラII)

2015年8月5日のバージョンアップで追加された。

ジョブ白魔道士/サポか
戦闘タイプ近接物理
武器素手(格闘)
魔法ケアル(VIまで)
ケアルガ(~Vまで)
状態異常回復魔法
WSインペリアルオーソリティ
アビリティ
その他

ナシュメラIIでは表着となっており、ブラーエフェクトがかかっている。

白魔道士としての能力が強化されているようで、微妙にHPmaxが下がっているがケアルケアルガナ系魔法白魔道士と遜色ないくらいまで使用する。ケアル系の使用判定も変更されており、無印の方は瀕死にならないと回復しなかったがこちらはHP75%以下で回復するようになっている。

調整・変更

特殊台詞

インペリアルオーソリティ使用時
ダメェ! それ以上は、近寄らないでっ……!

関連項目

Nashmeira/ネタバレ】【フェイス】【フェイス/一覧
過去の聖皇:【Jalzahn】【Balrahn】【Ulthalam】【Alzadaal
Copyright (C) 2002-2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。