ある冒険者の足跡(あるぼうけんしゃのあしあと/An Explorer's Footsteps)
セルビナの町長であるアベラルトAbelard)爺から依頼されるクエスト
一定の名声があればセルビナの町長の家(G-9)で受ける事ができる。

クエスト内容

各地に残る、ある冒険者の残した石碑の碑文を
粘土に写しとってきて欲しい。

各地に残る Stone Monument(石碑)を町長が手渡す「セルビナの粘土」で表面を写して持ち帰る。

具体的には「セルビナの粘土(Rare Ex)」を石碑に対してトレードして「碑文を写した粘土(Rare Ex)」を入手し、それを町長にトレードする事で報酬がもらえる。
報酬を受け取る時にクエストを継続するかを聞かれ、継続すると再び「セルビナの粘土」をもらえる。

粘土を受領後に、改めてアベラルトに話しかけると、まだ石碑クエストクリアしていないエリア名を一つ挙げてくれる。

当初はオファーを受けるときは名声は必要なかったが、2007年1月17日の業者対策により一定の名声が必要になり、連続してクエストを行うには地球時間で24時を過ぎる必要ができた。これはキャラクターを多数作成し、それらを集団でセルビナに移動させオファーを受けた後、移動系のチートツールを使ってソロムグバタリア石碑を巡ってギルを稼ぐというもの。
2007年3月8日のバージョンアップで1日1回オファー制限は解除されたが、代わりにレベルが一定以上でないとオファーを受けられなくなった。
かつてはセルビナへの往復はかなり時間がかかっていたが、Home Pointワープ実装されたことでアクセス性はよくなっている。

なお、星唄ミッション縛め解きて」をセルビナルートで進行中は、「碑文を写した粘土」を町長にトレードしても無反応。

クエスト報酬



※報奨金が高い場所ほど色々な意味で難度が高いともいえる。

石碑の場所

エリア座標報酬ギル備考
西ロンフォールI-10800G石の壁が密集している廃墟の中
東ロンフォールG-11800G龍王ランペールの墓に向かう手前右手
ラテーヌ高原J-71,000GH-7から谷底を進んだ突き当たり
バルクルム砂丘E-91,000Gセルビナ西側海岸の西端にある洞窟の突き当たり
ジャグナー森林H-121,000G西側の滝壺横にある洞窟奥、虎に注意
北グスタベルグF-73,000Gダングルフの涸れ谷を経由→橋→滝壺
南グスタベルグK-10800G鉱山区から出てひたすら南に行った海岸沿い
コンシュタット高地G-71,000Gマップ中央にある山の洞窟奥、ゴブリンに注意
パシュハウ沼F-61,000G脇道の突き当たり、モルボルに注意
ロランベリー耕地K-113,000G南東の白い建造物*4の奥
西サルタバルタG-9800GOPの南西にある段差の上を南に真っ直ぐ行った先にある突き当たり
東サルタバルタK-6800Gマップを東西に流れる川の東端
タロンギ大峡谷E-51,000G北西の丘にある洞窟の突き当たり
ブブリム半島J-51,000G北東端
メリファト山地J-101,000G亀裂で分断されたブロックの下段突き当たり
ソロムグ原野I-910,000Gガルレージュ要塞を経由した隔離ブロックの北西端
バタリア丘陵J-1110,000Gエルディーム古墳を経由した小島

なお、過去世界石碑を写すこともできる。ただし、現代では行けない以下の3箇所は粘土をトレードしても反応はない模様。
エリア座標報酬ギル備考
ブンカール浦〔S〕E-12なし複写できない
グロウベルグ〔S〕F-5
カルゴナルゴ城砦〔S〕外部E-7

石碑への行き方

以下の3箇所は、別のエリアを経由しないとたどりつけないようになっている。

関連項目

貴き血流れて】【Abelard
*1
聞くだけなら楽勝なようだが、1箇所の石碑を写すたびにセルビナに行かなくてはならないことや、その石碑の数が只事ではないので折れぬ志で挑戦したいところである。
*2
実装当初は17ヵ所全てトレードする必要があったが、バタリア丘陵ソロムグ原野は特に難易度が高かったため、2002年11月26日のバージョンアップでこれら2つが除かれた。なお、後にGoV実装と共にモンスター配置が大幅に変更されたため、ダングルフの涸れ谷を経由する必要のある北グスタベルグ石碑インスニ手段を持たない場合の難易度はかなり上昇している。2013年11月5日のバージョンアップ以降は予め地図を購入することもできるようになった。
*3
ログには「2000ギル」と「碑文を写した粘土を渡したことによる報酬」が合計された値が表示される。例えばメリファト山地碑文を写した粘土を渡したのなら、2000と1000でログには「3000ギル」と表示される。
*4
北部の所から越えて奥に行ける
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。