怨みの炎(うらみのほのお/Rancor Flame)
アイテムの一つ。
Rare Ex
ランタンの中で怪しく揺らめく炎。

店売り不可。トンベリの落とす消えたランタンに、怨念洞にある祭壇(Altar of Rancor)で点した炎。同一アカウント内であれば宅配可能。

怨念洞の数箇所にある落とし戸(Drop Gate)を開ける際にいくつか必要となる。
怨念洞内には何箇所か祭壇が存在するが、怨みの炎を灯せるのはウガレピ寺院から侵入したあと、右壁沿いに進んだ場所(D-5)にある祭壇である。
紅き怨みの炎蒼き怨みの炎は、これとは別の祭壇に消えたランタントレードして入手できる。

落とし戸を開けるには、怨みの炎を所定のかがり火(Lantern)にトレードして、点火すればよい。

注意事項として、トレードを行うと、怨みの炎消えたランタンに戻る点がある。
消えたランタンRare属性を持っているため、別の消えたランタンを所持したまま、怨みの炎トレードすることはできない。
また、マイバッグが一杯だと消えたランタンを受け取れないため、マイバッグに空きスペースが1つ以上ないと火をつける事が出来ない点にも注意。

世界設定

この怨みの炎を入手すると手に呪いがしみついてしまい、トンベリを呼ぶようになってしまうため、怨みの炎に呪われた者はカザムに入ってはならないという決まりがある。この呪いクエストみんなで怨み」で解除することになる。

ただし、カザムを出ていくまで実質的に無限の猶予が与えられるため、強制的にカザムを追い出されることもないし、これを持っているとトンベリが寄ってくるということもない。

つまり入手によってゲーム進行上不利になるような点はなく、あくまで世界設定上の話だと思っておけばよいだろう。

関連項目

消えたランタン】【紅き怨みの炎】【蒼き怨みの炎】【みんなで怨み
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。