インペア(いんぺあ/Impairment)
ステータス変化の一つ。
アビリティを使用できない状態。

サルベージに突入することでこの状態になる。

ジョブアビリティペットコマンドWSの使用が封印される。
似た症状としてアムネジアが挙げられるだろう。*1
インビュードアイテム曙雲の真輝管」使用でこの状態が解除される。
ちなみにインペアとは「欠陥」と言う意味。

時間制限が厳しいサルベージにおいて、重要な戦術が「釣り」と「殲滅」である。釣ってきたモンスターに対して挑発などを実行できれば釣り役は安心して釣りに専念できる。
また、インペアを開放するとWSも実行できるようになるため、前衛を優先して開放すればそれだけ殲滅力も上がり一石二鳥である。

能力の殆どをアビリティに依存しているジョブプレイヤーとしては、是非とも優先的に開放していきたい制限ではあるが、物理アタッカーが多いときはWS開放で殲滅速度を速めるため他の前衛に優先されやすく、曙雲の真輝管が回ってくる順位が低くなり、結果的に活動しにくくなる一面がある。
それ故一部のジョブサルベージに参加しづらいという実情がある。

インペア時の注意点

  • 前衛アタッカー
    WSが使えないのはかなりの痛手。
    殲滅速度が遅ければ当然被ダメージも膨らみ、序盤のインビュートアイテム集めの速度が遅くなり、制限時間も余計に取ってしまい、後の攻略に支障が出る。
    例え素手が強力なモンクであっても、WSが使えるか否かでは雲泥の差。
    挑発は上手なプレイヤーであれば、無いよりはあったほうがいい、程度。






    • コルセア
      アビリティが無くとも射撃武器さえあれば釣りができるため、活躍の幅は広い。かといってその程度なら他の前衛で十分やれることなので、やはり本領発揮するためにはアビリティが必要か。順序は問わず最終的には必ずまわしてあげたい。


ほんの一例を上記に挙げてみたが、結局は各自の編成や作戦によって開放の順番は大きく異なってくる。
拘りは持たずに、「自分たちに今何が必要か」を柔軟に検討して開放の順番を決めてみてはいかがであろうか。

関連項目

エンカンバー】【オブリビセンス】【オメルタ】【デビリテート
*1
しかしインペアは、アムネジアとは違うのでエクフォリアリング等で解除できないし、死んで蘇ってもこの状態は継続する。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。