タティーヤの失楽(たてぃーやのしつらく/Tateeya's Worries)
蝕世のエンブリオの21番目。第5回の3番目にあたる。2021年9月10日のバージョンアップで追加された。
ガッサドの調査は進み、伝説上のものと
思われていた「オルドゥームの杖」に
近づいているようだった。
そして今また、新たな発見があったようだが、
ガッサドはピリピリしている様子。
弟子たちのかわりに、話しかけてみよう。

  1. アトルガン白門(I-7)テンキー3(オートマトン工房内)のNPCTateeya」に話しかけるとイベント
  2. アトルガン白門(I-7)テンキー6(オートマトン工房内)のNPCGhatsad」に話しかけるとイベント
  3. 翡翠廟(?-?)のOrnamental Doorを調べるイベント
  4. 再度、翡翠廟(?-?)のOrnamental Doorを調べBFタティーヤの失楽」を選択しBFに突入し戦闘
  5. アトルガン白門(L-9)のImperial Whitegate調べるイベント

なお、マイバッグが一杯で雷槌を受け取れなかった場合は、空きを作ってもう1度Imperial Whitegate調べると入手できる。

蝕世のエンブリオ
前節タティーヤの失楽次節
アブダルラブダショック海猫党の水難

BFタティーヤの失楽

制限時間は15分。レベルは無制限。突入時に強化は切れる。フェイスの呼び出しは可能。

中では4体のマムージャ族が待ち構えている。

Glyphweaver Sikool Ja:ボス。オルドゥームの杖装備した賢士タイプ、黒魔道士
Riftweaver Pomaal Ja:戦士タイプ、青魔道士
Drakeweaver Hageel Ja:ウィヴルに騎乗した騎士タイプ、ナイト
Fistweaver Mufaal Ja:サハギン型の水士タイプ、モンク

ソロ+フェイスで討伐可能(ある程度の火力が無いと時間切れになる)。
睡眠は一部に有効だがボスには入りにくい。スリプガ開始だと寝なかったマムージャから集中攻撃を受け、即蒸発するので注意。

ボスはサンダーV~VI、雷門の計II、サンダジャ、範囲化されたスタン等の雷属性魔法を使用し、HPが減ると魔力の泉を1回使用する。雑魚はそれぞれのジョブに応じたSPアビリティを使用する。

条件は不明だが、ボスのHPを0にすると、すべてのダメージが0になり、倒せなくなる事がある事例が報告されている。

対処法としては、TPを残した状態でボスのHPを0にして、0ダメージ現象が出たら、WSを打って、勝利することが可能。
なお、フェイスWSでは止めを刺せない。
WSは0ダメでも倒したというログが流れ回避する事が出来る。(実証済)

0ダメージの状態でボスを殴り続けていると武器破壊のモーションとともにボスが倒れたという報告があることから、ボスの武器破壊*1が条件なのかも知れない。

名称について

固有名詞部分の読みは推定。

Glyphweaver Sikool Ja:glyphには「彫像、象形文字、(伝達用の)記号」、weaverには「織り手、織工」という意味がある。この場合は「象形文字の織り手シクージャ」といったところか。
Riftweaver Pomaal Ja:「亀裂の織り手ポマージャ」
Drakeweaver Hageel Ja:「竜の織り手ハギージャ」
Fistweaver Mufaal Ja:「拳の織り手ムファージャ」

関連項目

蝕世のエンブリオ
*1
戦闘直前のイベントウランマフランは「まだ倒れぬのは、その杖の力か?」と言っており、オルドゥームの杖を持っている限り倒すことができないことが示唆されている。もっとも、杖は壊れたわけではないので、この場合は武器破壊というより「武器を叩き落とす」といった方が正確かも知れないが。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。