オルドゥーム(おるどぅーむ/Olduum)
  1. アトルガンクエストの一つ。
  2. エラジア大陸に存在したと伝承される古代文明。オルドゥーム文明。
  3. 星座ラムウに含まれる星のひとつ。紫色に輝く星。

1項. クエストについて

2006年4月18日のバージョンアップで追加された。

依頼者アトルガン白門アルザビ辺民街区バルラーン通りのドゥカーヤ(Dkhaaya)。
オルドゥーム文明のものと
思われる「遺物」を持ってきてほしい。

攻略情報

ドゥカーヤ(Dkhaaya)に話しかけて引き受けるとクエスト開始。

依頼主アトルガン白門のDkhaaya(G-9)
報酬雷輪
必要アイテム雷池雷動掃磁器雷動車のうちどれか1つ
準備アイテムつるはし(十分な量を)

  1. アトルガン白門のDkhaaya(G-9)から「だいじなもの:ドゥカーヤ研究書」を受け取る。
  2. つるはしを忘れず準備する*1
  3. バフラウ段丘(I-7)からエジワ蘿洞*2
  4. 採掘場所(Excavation Site)は「G-8,9境界」+「H-8,9境界」と割と狭い範囲
  5. だいじなもの:雷池雷動掃磁器雷動車のどれか1つでも入手すればOK
  6. 入手後、アトルガン白門のDkhaaya(G-9)に報告すると雷輪が貰える。
  7. この雷輪を、ワジャーム樹林(G-8)の「Leypoint」にトレード。(イベント開始)
  8. いやな予感がして「掲げる」を選べば「雷輪」 が「オルドゥームリング」へと変化する。

このオルドゥームリングを使うとこのLeypoint瞬間移動できる。
2007年6月6日のバージョンアップでこのLeypointチョコガールが派遣されたため、このオルドゥームリングの利便性が向上した。

オルドゥームリングないし雷輪を捨てるなどして失ってしまった場合は、依頼者のDkhaayaに話しかけると再度遺物を持ってくるよう要求される。クエストと同じ手順でもう1度だいじなものを入手し、依頼者に話しかければ再度雷輪を入手できる*3

2項. オルドゥーム文明

現在のエジワ蘿洞の場所にかつて存在したと言われる古代文明。
1項のクエストでドゥカーヤが調査していた対象もこれである。
クエストで出土する「遺物」として雷池雷動掃磁器雷動車が挙げられており、電気の力を用いる術を持った高度文明だったのではないかと推測されている。
中の国特命エージェントの中には、オートマトンの技術にオルドゥーム文明の知識が応用されているのではといぶかしむ者もいる。

オルドゥームの名はこの文明と関わりの深い隠者が持っていた杖「オルドゥームの杖」より名づけられたと言われる。
その隠者こそ雷の召喚獣として名高いラムウその人であり、逆に星座ラムウにまつわる伝承の中にもオルドゥームの名が見られる(外部リンク参照)。

関連項目

アトルガンクエスト】【オルドゥームリング

外部リンク

→ヴァナ・ディール トリビューンVol.11‐星座の伝承~亡国の悲劇編~ 3.隠者ラムウ
*1
競売所は割高。アルザビ武器Kahah Hobichai(J-7)が200ギルで販売しているが捕虜となってる場合は購入できない。
*2
バフラウ段丘(I-7)へはアトルガン白門イフラマド港付近の埋門から出てすぐの場所。
*3
この再取得が可能になるまでは、元々1度取得してからリアル1日の時間経過が必要だったが、2016年6月7日のバージョンアップリアル1分に緩和されている。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。