究極連携(きゅうきょくれんけい/Ultimate Skillchain)
イオニックウェポンアフターマス中にのみ発生する連携極光」「黒闇」のこと*1
Lv3連携からさらに発展する連携なので、「Lv4連携」と呼ばれることもある*2

通常の連携WSの持つLv1~Lv3の連携属性によってどの連携が発生するかが決まるが、究極連携には極光黒闇連携属性を持つWSが存在するわけではなく、特殊な扱いになっている。

発動条件

下記の発動条件が全て成立すると、Lv3連携の次に繋がる連携極光に、連携黒闇に変化する。

  1. 技連携の最後の技までに、装備中のイオニックウェポンに対応する武神流秘奥義を撃ち、アフターマスを得ていること。技連携を始める前に、あらかじめアフターマスを付与しておいても構わない。
  2. 技連携で繋がっている技の数が「5-アフターマスLv」以上であること。例えばLv1アフターマスならば、究極連携を発動させるのに最低でも4連携が必要となる。
  3. 技連携の最後の繋がり方が、極光ならば「」、黒闇ならば「」であること。
  4. 技連携の最後の技が、「アフターマス付与中の者が撃ったWS」であること。途中ならば他者の技(他PCWS青魔法履行技等)が挟まっていても構わない*3

詳細


連携

イオニックウェポンで放つ武神流秘奥義は、アフターマスの有無により連携属性が変化する点に注意。

アフターマスを事前に得ている場合



アフターマスを得るためのWS連携内に組込む場合



関連項目

連携】【イオニックウェポン】【アフターマス】【】【
*1
第22,23回もぎたて ヴァナ・ディールにおいて、それぞれ「きょっこう」「こくあん」と呼ばれている。
*2
第22回もぎたて ヴァナ・ディールでも、松井聡彦Pが「アフターマスLv4連携をやると切れます。」と発言している。
*3
遠隔武器イオニックウェポンアフターマスを付与した状態で、近接武器エクスカリパーIIなど)で究極連携を発動させることはできるが、青魔法WS扱いではないようで、青魔法究極連携に変化しない。
*4
アフターマスなしの武神流秘奥義または連携属性を持たないため、四神円舞四神円舞はつながらず、四神円舞ビクトリースマイト連携になる。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。