(ひ/Blade:Hi)
片手刀エンピリアンWS
5倍撃TP:クリティカルヒット確率修正神無使用時:アフターマス発動。連携属性:重力

連携属性/重力
倍率クリティカルヒット確率Hit修正項目
TP100020003000
5.00???×1AGI80%

ジャンプしながら切り上げ*1、爆発とともに黄金の竜が立ち昇るエフェクト
エンピリアンウェポン神無」(Lv85~)か、鳶改真鳶極鳶装備時、もしくはクエストクポフリートの秘術片手刀>」をクリアしていれば、Lv99の忍者で使用できる。

5倍撃かつクリティカルヒット確率修正と、(1倍撃×3回攻撃クリティカルヒット確率修正)を上回る威力が見られる。
ただし単発技なので、右手による初撃が外れてしまうと非常に悲しいダメージとなってしまう。

修正項目AGIのみと、今までの主力WSであったとはステータスブーストの方向性が異なる。幸いにも忍者には豊富なAGIブースト装備があるため、ハードルは高くはない。

アビセアエリアにおいては「凶角のアートマ」との相性が非常に良く、更に「灰塵のアートマ」を付けることでダメージアップが期待できる。
アートマによってクリティカルヒット確率とクリティカルヒットダメージアップを大幅に上げられるアビセア内では、マルチアタック装備を揃えることで最大ダメージが跳ね上がる。
しかし、アビセア外ではクリティカルヒット+装備クリティカルヒットダメージアップ装備ウェポンスキルのダメージアップ装備をそろえた方が上になるので、戦うフィールドに合わせた着替えを選択したい。またに限った話ではないが、クリティカルヒット以外にもマルチアタック発動でダメージは上がるのでこちらも意識したいところ。
以外のクリティカルヒット確率修正WS全般に言える事だがクリティカルヒットが発生してナンボのWS故、下手に色々な要素を中途半端に着替え装備として採用するよりかは、ムンム装備一式と言ったクリティカルヒット+装備超特化で撃った方が命中の面を含め安定して高ダメージが出る事もままある*2トリプルアタック+とクリティカルヒット+を兼ね揃えたSu3装備乾闥婆作務衣一式も装備に優秀。

歴史

2014年12月10日のバージョンアップ以前は4倍撃であった。

倍率クリティカルヒット確率Hit修正項目
TP100020003000
4.00???×1AGI80%

さらにさかのぼり2014年6月17日のバージョンアップ以前は、修正項目AGI60%であった。

2017年10月11日のバージョンアップで、ヘルプテキスト連携属性が追加されている。

SS

秘

関連項目

神無】【】【】【エンピリアンWS】【アフターマス
*1
と同じモーション。種族によって回ったり、回らなかったりする。
*2
ムンム装備+2一式のみでクリティカルヒット+32%・DA+6%は最低確保される。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。