ポーラーブルワーク(ぽーらーぶるわーく/Polar Bulwark)
  1. ハイドラ族が使用する特殊技の一つ。
  2. 青魔法の一つ。

ハイドラ族特殊技

ハイドラが使用する特殊技の一つ。

名称効果範囲効果空蝉備考
ポーラーブルワーク自身物理バリア-パイリックブルワーク魔法バリア)と共存不可

物理バリア状態になる技。ディスペル等での解除不可。

使われると1分近く物理攻撃が効かなくなる。
ナイズル島などで物理編成ゴリ押しの際に使われると侠者の薬効果時間中に削りきれなくなるほか、魔法も効きにくいため運が悪いとそのまま時間切れになることもあることもある。

パイリックブルワーク魔法バリアと共存不可のため、効果時間中に魔法ダメージTPを献上してパイリックブルワークを使わせることができれば物理バリアを解除することも可能。
ただし確実に使ってくれるわけでもないため、物理バリア中に使ってくれればラッキー程度に思っておいた方がいいだろう。

ハイドラ族ブレスダメージカット特性を持っているため、スピリッツウィズイン無想無念物理バリア回避する意味がなく、他の物理防御特性と比べて対処の方法は限られる。

ちなみに意味は「極地の防壁」。

名称に関する変遷

アトルガンの秘宝実装から長らくの間、ハイドラ族特殊技パイリックブルワーク物理カットポーラーブルワーク魔法カットであり、2011年12月15日のバージョンアップノートリアスナレッジ専用青魔法として物理カットの「パイリックブルワーク」が追加された。

もともとハイドラ族特殊技の名称とエフェクトに不具合があり、「ポーラーブルワーク」が物理カット、「パイリックブルワーク」が魔法カットが正しい名称であり、2014年7月8日のバージョンアップで修正された。

しかしバージョンアップ告知日にはその情報がなく、すでに習得済みの青魔道士の場合、同バージョンアップ以降青魔法欄に突然「ポーラーブルワーク」が出現したため混乱を招いた。その後7月14日に情報が追記され不具合修正であることが判明した。→公式フォーラム・ジョブ調整:青魔道士

青魔法

Lv98 MP50 詠唱時間1.5秒 再詠唱時間30秒
系統:魔法-強化 属性:*1
自身の物理ダメージを防ぐ。

ノートリアスナレッジ使用後に使用可能になる青魔法の一つ。
効果時間は3分で、効果時間中の物理攻撃を一度だけ無効にする。なお、その際に受ける攻撃多段WSだった場合全てを無効にする*2ディフュージョンによる範囲化が可能。

受けたダメージがどれだけ小さいものだったとしても、ダメージを受けた時点で効果が切れるので、使いどころはかなり限定される。

現時点でSPアビリティに頼らずアントリオン族が地中から現れる際にのみ使用する技ピットアンブッシュや、Odinゲイルレズを完全に無効化出来る唯一の手段。

なおル・オンの庭四神など一部の敵の追加効果ダメージは、無効化できずにそのまま発動する。

ラーニング

HNMなので個体数が少なく、ラーニング場所も限られる。

傭兵階級中尉まで育っていれば『スサノオ作戦』の個体が弱く連戦もしやすい。IL装備であれば、サルベージゼオルム遺構-IIのボス・真ボスもラーニングに向いている。

関連項目

ハイドラ
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。